« ナイアガラでびっしょり | トップページ | バンフ観光温泉ホテル---バンフスプリングスホテル »

キャディラックのルームミラー

_edited ハワイこぼれ話 走行中にルームミラーが落ちた!

 

 いまから10年程前、ハワイ(オアフ島)に駐在していた頃の実話。会社から支給されていた車は、キャディラック・ブロアムのセダンで5000cc。(Cadillac Broughamの確か1982年車)おもにワイキキと空港の往復や出勤に使用していた。日本では、キャディラックといえば高級車だが、アメリカではそれほどでもない。

燃費が悪く、ガソリンはハイオク(プレミア)の1リッターで5kmから8 km位走れば上等だった。それでもアクセルひとふかしでブワーッと加速した。

ある日、ホノルル空港に向かって、フリーウエイーを100キロ近くの速度で飛ばしていた。すると突然、車内の運転席中央上部のミラーが落ちた。

ブラブラしている。幸い走行中は前面のフェンダーミラーがあるから運転には支障がない。だが、結構重いルームミラーが顔の前にぶら下がっているのは危険だ。片手でハンドルを握りながらなんとか空港到着。しみじみ見るとネジがはずれたとか、ゆるんだとかの話ではなく、ミラー上部の接続部分がもげている。細いコイルが残っていてかろうじて天井からつながっている。

さっそく帰りがけに行きつけのスタンドへ。日系人のボスに話しかける。

「まいったよ。走ってる途中にミラーがもげてきたんだから。危なくて」

「いくらキャディラックっていったって、所詮、アメ車だからね」

    ・・・と両手をひろげて No Way!(しょうがないね)

アメリカ人で日系人のガソリンスタンドのご主人から、日本製の軽くて丈夫なルームミラーを推薦いただき、すぐ取り付けていただいた。

(車は品質、性能、燃費などなど、日本車に限る)

 自動車ばかりではなく、こんなこともあった。ハワイで住んでいたコンドミニアムの部屋に備え付けの洗濯機(乾燥機部分)が後部から火を噴いたのだ。別に機械を酷使したわけではない。ただただ驚き、メーカー(GM)に電話をして、出張修理に来てもらった。配線の具合が悪く、ショートしたらしいが、火事になったらどうすればいいのかしら。ハワイのコンドでは、洗濯物を外に干せないから、乾燥機

(なぜかドライヤーという)は必需品。目を離さぬように使うべし。

(電化製品は品質、性能、安全性などなど、日本製に限る)

|

« ナイアガラでびっしょり | トップページ | バンフ観光温泉ホテル---バンフスプリングスホテル »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177442/10145819

この記事へのトラックバック一覧です: キャディラックのルームミラー:

» キャディラック [CAR Mania]
キャディラックキャディラック (Cadillac) はアメリカ合衆国|アメリカのゼネラルモーターズ社が製造・販売している高級車のブランド名。なお、日本ゼネラルモーターズではキャデラックと表記されており、かつてはキヤデラック (「ヤ」が大文字) 、カデラック とも表記されていた。.wikilis{fo...... [続きを読む]

受信: 2006年7月30日 (日) 14時48分

« ナイアガラでびっしょり | トップページ | バンフ観光温泉ホテル---バンフスプリングスホテル »