« ホノルル空港でいきなり添乗員、マウイ島4泊(その2) | トップページ | 何をたべればいいのだろう?イギリスで »

まともなイギリスの朝食

イギリスこぼれ話 まともなイギリスの朝食

 食事にはあまり期待できないと、悪評判のイギリスで、朝食だけは評価が高い。イングリッシュ・ブレックスファーストという。

 Londonimage

メニューは、パン、ベーコン、ソーセージ(日本でいう、ウインナー)、目玉焼き、マッシュルーム炒め、焼きトマトに豆のトマト煮。パンは、油で揚げたフライド・ブレッドか三角形に切った薄めのトーストだ。もちろん紅茶かコーヒーがつく。オレンジジュースも。これだけで十分なボリュームだ。

 オックスフォードへ30名の学生を連れて、語学研修に行った。1週間、現地の英語学校へ通う。学生たちは、ホームステイだが、添乗員は駅前のホテルに滞在した。まるまる1週間、このイングリッシュ・ブレックファーストを食べた。とくに飽きることもない。デラックスホテルではないので、新鮮な野菜サラダやフルーツはない。コーンフレークなどのシリアルは、別のテーブルに牛乳と共に置いてあり、セルフサービスである。ヨーグルトもあった。

一般のイギリス人家庭の朝食は、どうなのかと、ホームステイの学生にきいてみると、さすがにホテルのようなものは出ないが、おおむね、目玉焼き、ベーコン、(焼きトマトは出ない)豆トマト煮(ベイクド・ビーンズ)、トーストが定番。

もちろん家庭によっては、シリアルと紅茶しかないところもある。また、タマゴも目玉焼きのほか、スクランブルもリクエストに応じる家庭もある。いずれにせよ、本格的なイングリッシュ・ブレックスファーストは、ホテルかB&B(ベッドと朝食付き民宿)に宿泊しないと経験できないのかもしれない。

Englisfbrk_1

通常、ヨーロッパの食事は、昼と夜に重きを置くため、「コンチネンタル・ブレックファースト」といって軽い。パンにバターかジャムにコーヒー・紅茶、ジュースといった感じ。だから、おなかがすく。もちろん、日本人のツアーでは、玉子料理とハム・ソーセージのつく「アメリカン・ブレックファースト」やブッフェ(バイキング)スタイルの朝食にアレンジしている会社も多い。

ところで、オックスフォードのビジネスホテルの朝食だが、毎日、コーヒーも飽きるので、3日目に「紅茶」にした。やはりおいしい。かなり濃い目に入れた紅茶なので、薄め用のお湯のポットがついてくる。これならガボガボ飲めるはずだ。

しかし、豆はまだ許せるが、なぜ「焼きトマト」なのだろうか。あんまり新鮮ではないということなのだろうか。絶対トマトは、なまで食べた方がおいしいと思う。

|

« ホノルル空港でいきなり添乗員、マウイ島4泊(その2) | トップページ | 何をたべればいいのだろう?イギリスで »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

確かにイギリスの食事は・・・ですね。フィッシュ&チップスとローストビーフくらいしか、頭に浮かびません。夏休みにロンドンとコッツウオルズ地方に旅行に出ます。たろべえさんは行ったことありますか?何かアドバイスあれば教えてください。

投稿: 杉並の旅人 | 2006年6月20日 (火) 17時13分

杉並さん、ようこそ。コッツウオルズには3回行きました。田舎ですが、いいですね。とくに「マナーハウス」(昔の大地主や貴族の邸宅をホテルに利用)に泊るといいですね。
”はちみつ色の街並み”ってのが、観光局のキャッチフレーズですけど、はちみつ色って琥珀色のこと?クリーム色?いやいや実際には、もっと生活感があるので、言いすぎです。(今度、このブログのネタにします)

投稿: たろべえ | 2006年6月20日 (火) 23時31分

英国の朝食について、書いておられたのですね。

実は、私は高校時代にケント州のラムスゲートという海岸の街へ夏休みを利用して旺文社の語学研修ツアー(1ヶ月間)に行かせてもらってたのです。

何も1ヶ月くらいで語学を習得できるわけないので、親としては英国の伝統や英国人の生活習慣を体験することに意味があると言ってすすめてくれました。その体験には、米国より英国の方が望ましいといわれたのです。

今は普通になってるのかもしれないけど、当時はまだめずらしくて通っていた私学の担任教師がなかなか許可をくれなかったのを思いだします。
それぞれが振り分けられたホームステイ先によってかなりの食生活の差があった事を、みなで話していましたね。

でも、英国はチョコバーなど市販のお菓子が美味しかったですね。
  ↓にランキングしています。
http://chappy25.cocolog-nifty.com/blog/2005/07/post_ec98.html#comments

投稿: うさぎ | 2006年7月16日 (日) 12時45分

うさぎさん、コメントありがとうございます。私も2回ほど、英国のオックスフォードへ語学研修の付き添いで行きました。ホームステイは食事のあたりはずれあるようですね。でもビールばっかり飲んでいたので、チョコバーには気がつかず残念。
 また遊びに来てください。

投稿: たろべえ | 2006年7月17日 (月) 23時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177442/10570393

この記事へのトラックバック一覧です: まともなイギリスの朝食:

» アイリッシュ・ブレックファストで、満腹じゃ~! [うさぎさん日記 ]
(ゴルウェイのB&Bのダイニングルーム・・・街中の普通規模) 前回の記事 『結婚 [続きを読む]

受信: 2006年7月16日 (日) 12時28分

« ホノルル空港でいきなり添乗員、マウイ島4泊(その2) | トップページ | 何をたべればいいのだろう?イギリスで »