« 《ニューヨーク高級ホテル事情》部屋に届かないスーツケース | トップページ | 5星ホテル イル・サンピエトロ・ポジタノ »

何はなくても西安の《兵馬俑》

中国こぼれ話 何はなくても西安の《兵馬俑》

 

Photo_55

西安の兵馬俑を見学すると人生観がかわる。「秦始皇陵兵馬俑博物館」は、西安の郊外、秦始皇帝の陵墓の1.5km東にある。1974年に農民が井戸を掘る際、発見された。まるで東京都体育館のような建物である。公開されているのは、1号館、2号館、3号館に銅馬車の館だが、圧巻は1号館(1号坑)である。

中へ入ると幅60m、奥行き230mの体育館のようだ。入口に向かって整然と直立する兵士や馬の像の迫力はすごい。日本の古墳時代でいえば、「埴輪」なのだが、等身大(実は2m近い)兵士立像が集団で同じ方向を向く。秦始皇帝の権力の偉大さを示すといってしまえばそれまでだが、約8,000体もあるらしい。しかも2,200年前のものだ。現在も発掘、修理中とのこと。

1号館内部は写真撮影もできる。体育館のタッチライン沿いにできている廊下から下を見下ろす感じでの見学だ。兵士像の顔は、それぞれに異なっていて、漢民族ばかりでなく、シルクロードの向こうのペルシャ人もいる。立像ばかりではなく、片ひざを立てて待機する兵士もいる。「銅馬車」も実物の1/2の大きさだが、精巧にできていて、いまにも動き出しそうだった。

これほどショックを受けたこともない。テレビや雑誌でもみてきたが、まさに目の前に兵馬俑の軍団が存在することに、大変な驚きを感じた。中国にしては、入館料は高い。5月から11月が90元(約1,350円)で冬場の閑散期(12月~2月)が65元(約970円)だ。となると3月~4月はいくらですか?(残念ながら添乗員メモに記載なし)

1_3 

いずれにせよ、西安に行く機会があれば、見逃してはなりません。何はなくても、《兵馬俑》。それから名物料理で、西安の餃子(水餃子)もおいしい。ついでに夏ならば、西安のスイカもお忘れなく。

|

« 《ニューヨーク高級ホテル事情》部屋に届かないスーツケース | トップページ | 5星ホテル イル・サンピエトロ・ポジタノ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

最近の中国は、景色のよい九塞構が有名です。人気はやはり北京、上海そして西安だと思います。西安にも何度も行きましたが、たろべえさん、3月・4月も兵馬傭坑の入場料は、90元です。(個人の場合)

おみやげで木箱に入った、ミニチュア兵馬俑を買ったことがありますが、高いです。30センチ位の兵士像で6000円はしました。

また今月の末に西安に行きますので、何かネタを仕入れて自分のブログに書きます。

投稿: 現役添乗員 | 2006年8月24日 (木) 23時53分

またまたコメント感謝します。
「西安」ネタでは、5月にこのブログで西安のスイカについて書きました。
また、なんか新しくてワクワクするような話をブログな添乗員に書いてください。期待しています。

投稿: たろべえ | 2006年8月24日 (木) 23時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177442/11577539

この記事へのトラックバック一覧です: 何はなくても西安の《兵馬俑》:

« 《ニューヨーク高級ホテル事情》部屋に届かないスーツケース | トップページ | 5星ホテル イル・サンピエトロ・ポジタノ »