« 武田信玄 上杉謙信 駅弁合戦 | トップページ | 米沢駅 牛肉駅弁対決は「新杵屋と松川弁当店」 »

米沢ラーメン なつかしい昭和の味

《米沢ラーメン》なつかしい「昭和の味」

 米沢は「米沢牛」も有名だが、ここは《米沢ラーメン》のお話。典型的な米沢のラーメンは、手もみの縮み麺(細麺)でしょうゆ味のようだ。昭和の味というべきだろうか、「中華そば」なのだ。(昔は支那そばと呼んでいた)Vfsh0222_1

 スープは鶏ガラと煮干に野菜の甘みであっさりしているけれど、奥が深い味わいであった。煮干と鰹節のサカナ系の風味だ。そういえばこどもの頃に食べたような味。縮み麺は、「多加水熟成」といって、水分を多く含ませて、練り上げ、仕上げに手もみをする。具も定番のチャーシュー2枚、ネギ、メンマだ。これで中華そば500円。満足だ。なぜか、たくあん2切れ、おいしい。

■ 龍華食堂(りゅうげしょくどう)

■ 山形県米沢市小野川町2788

■ TEL 0238-32-2808

中華そばのほか、地元の名物・豆もやしが丸ごと長いまま入った「豆もやしラーメン」も人気だ。冷たいスープから茹でることで、もやしのシャキシャキとした食感が残っていて、おいしい。豆もやしラーメン 700円。

なお、龍華食堂は町おこしにも一役かっていて、「便利な出前サービス」があり、町歩きをする観光客が、ホタル公園の川沿いの露天風呂前からもラーメンの出前ができる。温泉地内の出前ポイントといって、河川・滝付近、ほたる公園内、河川公園内に案内板がある。Vfsh0224

|

« 武田信玄 上杉謙信 駅弁合戦 | トップページ | 米沢駅 牛肉駅弁対決は「新杵屋と松川弁当店」 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

米沢ラーメンはまだ食べたことがありません。すごくシンプルなんですね。いまあちこちにラーメンのうまい店がありますが、凝り過ぎですね。

投稿: 通りすがりの旅人 | 2006年11月13日 (月) 11時41分

 コメントありがとうございます。

確かに「通りすがりさん」のおっしゃるように、最近のラーメンは、いろいろ種類がありますね。お客さんの多様な趣味嗜好に合せるべくつくり手が工夫をしているのでしょうね。

 私は、個人的には札幌の「玄作(げんさく)」の塩ラーメンが好きです。みそラーメンでは、量が多いけど、やはり札幌の「欅(けやき)」です。

 米沢ラーメンは、本当になつかしい味でした。会津や喜多方のラーメンにも似ていました。機会があればぜひ、どうぞ。

投稿: たろべえ | 2006年11月13日 (月) 20時03分

たろべえさん、札幌に限らず”ラーメン”の紹介もしてください。

投稿: 通りすがりの旅人 | 2006年11月22日 (水) 00時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177442/12662459

この記事へのトラックバック一覧です: 米沢ラーメン なつかしい昭和の味:

« 武田信玄 上杉謙信 駅弁合戦 | トップページ | 米沢駅 牛肉駅弁対決は「新杵屋と松川弁当店」 »