« 風林火山《諏訪御料人》は俗名《梅姫》ではなかったか!? | トップページ | 《山本勘助》をめぐる三冊の本 書評 »

信玄の隠し湯 下部温泉《古湯坊源泉館》

信玄の隠し湯 下部温泉《古湯坊源泉館》(こゆぼう・げんせんかん)

 山梨県身延町下部温泉へ行ってきた。言わずと知れた元祖「信玄の隠し湯」である。JR下部温泉駅からは、なだらかな坂を約20分、温泉街の中心にある。

(タクシーなら5分)

 建物は本館と湯治・長期滞在用の別館(神泉)、第二別館。全部でも部屋数は30室なので旅行会社とのつきあいはなく、お客様からの直接予約で(リピーター)が多く、すぐ満室になる人気の宿である。2_9

本館の昭和初期のノスタルジックな玄関を入ると、左上に5枚の額が掛かっている。左から①「穴山梅雪の浴場免許状」、②「温泉神社と石部氏にまつわる歴史・由来書、梅雪署名」、③「馬場美濃守信春の感状(永禄4年・1561年第4次川中島合戦の折、負傷兵を湯治したことに対する感謝状で109貫文を与える)」、④「武田晴信(信玄)の感状佐野文斗宛(上と同様、永禄4年)」、⑤「武田信虎の土地・浴場免許状佐野道晴宛」。これらの古文書は、500年近く前のものなので、保存上コピーを掲示しているそうだ。Menjo1_1 Menjo3

Menjo4_1 Photo_109 

別館(神泉)の裏手に「熊野神社」がある。下部温泉は、平安時代の仁明天皇(833年~850年)の頃、甲斐の国主・藤原正信により、発見されたという。正信は紀州(和歌山)の熊野権現への信仰心が厚く、夢枕に立った権現のお告げにより、社を建立した。その後、熊野神社を現在の地に再興したのが武田二十四将の穴山梅雪である。その際、神社建立のため、土地を提供したのが佐野氏・元湯源泉館の先祖だそうだ。

武田信玄が川中島合戦で受けた肩の刀傷を癒した混浴の「かくし湯大岩風呂」は、別館の地下にある。15畳程の岩盤の亀裂から直接湧出する温泉で、加水・加温はなく源泉掛け流しだ。混浴といっても更衣室は男女別で、女性はバスタオルを巻いて入浴できる。

泉温は31度。源泉は、塩化ナトリウム・硫酸カルシウムを含む弱アルカリ性単純泉。効能は運動機能障害、関節痛、筋肉痛、腰痛、火傷などである。

本館の泊りで、1泊2食付きで13,000円位から、湯治で8,500円(1泊2食付き、相部屋)から受けるとのこと。

また源泉館では湧き出た鉱泉水を「天然鉱泉水 信玄」と名付けて販売している。飲んでみたらクセがなく飲みやすい水だ。地元身延特産の竹炭と温泉水をベースにした「竹炭石鹸」や「温泉化粧水」も販売している。(通信販売可)

Photo_110

■古湯坊源泉館

 山梨県南巨摩郡

  見延町下部45 

TEL:

0556(36)0101

(古文書は③、④、⑤、風呂は源泉館のパンフレットより)

※古文書の掲載については、実際に源泉館に行き、ご主人の了解を得ております。

|

« 風林火山《諏訪御料人》は俗名《梅姫》ではなかったか!? | トップページ | 《山本勘助》をめぐる三冊の本 書評 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177442/13136181

この記事へのトラックバック一覧です: 信玄の隠し湯 下部温泉《古湯坊源泉館》:

» 読売旅行でカニと鍋を満喫 [読売旅行で楽しい旅行を!読売旅行の旅]
こんにちは、ホイホイです。 今日も、読売旅行で見つけたおすすめのバスツアーをご紹介します。 今日のおすすめは、カニが最高においしいこの時期にぴったりの、カニを満喫する日帰りのバスツアーです。 [続きを読む]

受信: 2006年12月20日 (水) 16時36分

» 岩盤浴 横浜 名古屋 札幌 大阪 東京 [健康 栄養 美容]
こんにちは。温泉と岩盤浴で健康に 岩盤浴 池袋でもブーム 新宿の岩盤浴はいざなぎ越えという事について触れています。 . [続きを読む]

受信: 2006年12月26日 (火) 08時50分

» 東京の日帰り温泉情報 [日帰り温泉情報バンク]
東京の日帰り温泉についての情報を発信しています。東京の温泉の特徴は?温泉の効能は?などのレポートもしています。興味のあるかたは是非是非お立ち寄りください。 [続きを読む]

受信: 2006年12月27日 (水) 02時12分

» 「古湯坊 源泉館」 (温泉) [まろまろ記]
泉質:アルカリ性単純泉 山梨県の下部温泉にある温泉旅館。 宿坊プレイの途中に身延... [続きを読む]

受信: 2006年12月31日 (日) 20時51分

» 有馬の日帰り温泉 [日帰り温泉大好き!@日帰り温泉情報ブログ]
有馬の日帰り温泉についてご紹介いたします。・太閤の湯2005年4月に有馬温泉に誕生した、1900坪の広大な敷地の温泉テーマパークで、注目するのが太閤秀吉が作らせた風呂を再現した「金泉蒸し風呂」や「太閤の岩風呂」。さらに、「銀泉くつろぎの湯」や「屋...... [続きを読む]

受信: 2007年1月13日 (土) 12時52分

» 一般競争参加資格審査申請書中央公契連様式 [一般競争参加資格審査申請書中央公契連様式]
一般競争参加資格審査申請書中央公契連様式 [続きを読む]

受信: 2007年6月 6日 (水) 10時21分

« 風林火山《諏訪御料人》は俗名《梅姫》ではなかったか!? | トップページ | 《山本勘助》をめぐる三冊の本 書評 »