« 武田信玄に出会う 諏訪大社 | トップページ | 風林火山 史実にみる山本勘助《市河文書》 »

武田信玄に出会う 《諏訪法性の兜》と八重垣姫

武田信玄に出会う 《諏訪法性の兜》と八重垣姫

 「長野日報」のWeb版を見ていたら、諏訪湖に行ってきたばかりなので興味深いニュースをみつけた。「下諏訪町諏訪湖博物館・赤彦記念館」が、来年4月から武田信玄ゆかりの『諏訪法性兜(すわ・ほっしょう・かぶと)』を特別展示するそうだ。Photo_105

 この諏訪湖博物館では、現在もこのカブトを展示しているはずだと思ったら

旧博物館では1980年頃まで現物を展示していたが、保存状況等の問題で1993年のリニューアル・オープンから「レプリカ」に切り替えていたとのこと。

 《諏訪法性の兜》は、信玄が諏訪明神(諏訪大社)の加護を受け拝戴した兜で、川中島合戦の時代、身に着けていたといわれ、代々武田家に伝わるものだといわれている。下諏訪観光協会の矢嶋営業部長さんからいただいた資料を引用する。(下諏訪観光協会0266-27-1111内351

    『諏訪法性兜由来』武田家が諏訪明神から授かり家宝としたもので、信玄が川中島合戦の時使用したと伝わる。当時日本一の兜作りといわれた明珍信家の銘がある。(下諏訪町立諏訪湖博物館に展示)

この諏訪法性兜は、江戸時代の浄瑠璃「本朝二十四孝」に登場する。この兜をめぐる武田・上杉家の争いの中、謙信の娘八重垣姫が許婚(いいなずけ)である武田勝頼の危機を救うという筋書き。姫が勝頼に急を告げるため、この兜をかざし、狐火に守られ諏訪湖を渡る場面は有名である。(諏訪市の湖岸に近い湖中にその像が立っている。)

 諏訪湖にある「八重垣姫」像は、あまりよい出来ばいには見えないけれど、

(ホームページ参照:http://miyagaku.sakura.ne.jp/03suwako.htm )

羽子板などにも、八重垣姫は派手なデザインで人気だそうだ。

 ところで諏訪湖は、信玄が「自分が死んだ後、3年間は秘密にして、その後遺骸に甲冑を着せて湖底に沈めよ」と遺言を残した話も有名。

 なんだか伝説やロマンに満ち溢れた信州諏訪である。

        諏訪湖博物館 長野県諏訪郡下諏訪町西高木10616-111

0266(27)1627 9:00~16:00 火曜日定休

(追記)

 諏訪湖博物館(赤彦記念館)に書面で来年の風林火山関連の企画展について、問合せをした。そしたら宮坂館長さんから丁ねいな返信が届いた。

 諏訪周辺の博物館では、「信玄と諏訪 信玄が諏訪に遺したもの」というテーマで企画があるそうだ。以下のとおり。

●下諏訪町立諏訪湖博物館・赤彦記念館
「信玄伝説-人々は信玄をどうみていたか-」
平成19年4月28日~6月24日

●茅野市神長官守矢史料館
「諏訪と武田信玄-武田信玄の諏訪支配-」
4月14日~6月3日

●諏訪市博物館
「武田信玄と諏訪信仰」
4月28日~6月24日

●シンポジウム
テーマ「信玄が諏訪に遺したもの」
笹本正治先生(信州大学教授)
5月6日(土)13:00~16:30
諏訪市文化センター

|

« 武田信玄に出会う 諏訪大社 | トップページ | 風林火山 史実にみる山本勘助《市河文書》 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

たろべえさん
「風林火山」やたらと力が入っていますね!武田信玄のかぶとが残っているというのもすごい話です。八重垣姫の話も初めて聞いたので勉強させていただきました。諏訪湖のホテルはどこかお薦めはありませんか。行きたくなりました。実家が山梨なので近すぎて諏訪は日帰りでしか行ったことがありません。ただ会社の工場があるので出張では何回か日帰りしました。
(残念ながら会社の連中の常宿は会社指定で駅前のルートインというビジネスホテルだそうです。大きなお風呂は温泉らしい。)

投稿: 通りすがりの旅人 | 2006年12月15日 (金) 19時34分

通りすがりの旅人様

 コメント感謝します。そうですか、通りすがりさんの会社の工場が「諏訪」にあるということは、IT関連か精密機械関係ですね。
もしかしてエプソンとか、時計メーカーでしょうか。

 また機会があれば紹介しますが、上諏訪温泉でおすすめは【諏訪湖ホテル】です。諏訪湖に面していて、クラシックな片倉館の隣にあり、広々とした旅館です。露天風呂もステキです。

投稿: たろべえ | 2006年12月15日 (金) 23時10分

 諏訪湖博物館(赤彦記念館)に書面で来年の風林火山関連の企画展について、問合せをした。そしたら宮坂館長さんから丁ねいな返信が届いた。

 諏訪周辺の博物館では、「信玄よ諏訪 信玄が諏訪に遺したもの」というテーマで企画があるそうだ。以下のとおり。

●下諏訪町立諏訪湖博物館・赤彦記念館
「信玄伝説-人々は信玄をどうみていたか-」
平成19年4月28日~6月24日

●茅野市神長官守矢史料館
「諏訪と武田信玄-武田信玄の諏訪支配-」
4月14日~6月3日

●諏訪市博物館
「武田信玄と諏訪信仰」
4月28日~6月24日

●シンポジウム
テーマ「信玄が諏訪に遺したもの」
笹本正治先生(信州大学教授)
5月6日(土)13:00~16:30
諏訪市文化センター

投稿: もりたたろべえ | 2006年12月18日 (月) 11時47分

たろべえさん、私の会社はたろべえさんの言うとおりIT関係であります。
今後も諏訪の話を希望します。

投稿: 通りすがりの旅人 | 2006年12月23日 (土) 00時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177442/13077552

この記事へのトラックバック一覧です: 武田信玄に出会う 《諏訪法性の兜》と八重垣姫:

« 武田信玄に出会う 諏訪大社 | トップページ | 風林火山 史実にみる山本勘助《市河文書》 »