« 《山本勘助》に出会う 山梨日日新聞社刊『山本勘助』書評 | トップページ | 《桃太郎》伝説 陰陽五行説だった »

岡山で桃太郎に出会う 《岡山駅前の桃太郎》

岡山で桃太郎に出会う 《岡山駅前の桃太郎》

 何年か前のゴールデン・ウィークの話。「岡山・倉敷・瀬戸内海2泊3日ツアー」で30名ほどのお客様が集まった。しかし手配のミスで、東京からの新幹線の座席が「団体席」ではなく、号車もバラバラで個札(個人キップ)でしか確保できないことがあった。

 東京駅の集合場所で、お客様に案内する。

『・・・まことに申し訳ございませんが、新幹線のお座席は、グループごとに指定になっていますが、皆様が同じ車両ではありません。ゴールデン・ウィーク中でもあり、車内は満席です。岡山駅に着きましたら、桃太郎の前で再度、ご集合ください。新幹線から降りてた駅前広場にございます。』

 そこまではよかった。岡山駅に到着して、東口の桃太郎像に行くと、8名ほどお客様が来ていない。トイレでも寄っているのだろうと、高をくくっていたら、

30分しても集まらない。迎えに来ていた、バスガイドさんにきく。Photo_132

「桃太郎はここだけですよね?」

「もちろん、この東口広場の桃太郎像が有名ですけど、まだ、ほかにもありますよ。」

「えっ!? そういえば、東京駅で解散の時、岡山駅東口と明確には説明しなかった。」

 反対側の西口へ行く。ここには、「メルヘン時計」がある。桃太郎がいる。案の定、6名様発見。しかし、まだ4名足りない。Photo_133

そうこうしていると、添乗員用の携帯が鳴る。

「もしもし、添乗員のたろべえですが・・・ハイ?桃太郎像の前にいるけど、誰もいない?」

きいてみると、少し離れたシンフォニービルの「桃太郎像」であった。

 それどころではない。桃太郎大通りには、蛭田二郎作のももたろうが6つもあるそうだ。

 実に岡山駅周辺にたくさんの桃太郎。これでは鬼退治に遅刻である。

(岡山市役所提供:岡山駅東口「桃太郎像」昭和46年岡本錦朋作、岡山西ロータリークラブ10周年記念寄贈/岡山駅西口「メルヘン時計」平成元年市制100周年記念製作/「ももたろう像」蛭田二郎作)Photo_134

|

« 《山本勘助》に出会う 山梨日日新聞社刊『山本勘助』書評 | トップページ | 《桃太郎》伝説 陰陽五行説だった »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177442/13648239

この記事へのトラックバック一覧です: 岡山で桃太郎に出会う 《岡山駅前の桃太郎》:

« 《山本勘助》に出会う 山梨日日新聞社刊『山本勘助』書評 | トップページ | 《桃太郎》伝説 陰陽五行説だった »