« 《願わくば花の下にて春死なん 花の東京》 | トップページ | 西欧美術紀行 《フェルメール》真珠の耳飾りの少女 »

《桜の下で花見でした》世界の桜の名所は?

Vfsh0027

 暖かくなったり、急に寒くなったり天候が安定しません。でもやっと桜が満開となり、わが少年サッカーチームの花見が開催されました。団地の中のチーム専用グランドの「ソメイヨシノ」は、本当にきれいです。

 世界中で桜といえば、いくつかありますが、たろべえが添乗員時代に訪れ、印象に残る場所がいくつかあります。

 第一にあげたいのは、ドイツ、大学の町・ハイデルブルグ。古城街道の中心でフランクフルトから約1時間半、90㎞です。大学の町として有名ですが、3月下旬から4月にかけ、市内を流れるネッカー川に咲く山桜もきれいなのです。この町のレストランは14世紀から続く学生相手の居酒屋「赤牛亭」。しこたまビールを飲んで、花見に繰り出すのです。

 第二にヨーロッパでは、やはりパリ。ノートルダム寺院の八重桜は、ピンクの可憐な花をつけます。少しお上品かもしれませんが、まさに満開の時期にぶつかると、感動ものです。それからベルサイユ宮殿の中庭に咲くのも八重桜です。私も何度か行っていますが、いつも盛りを過ぎていました。

 第三は、日本の桜並木と同じ、アメりか、ワシントンのポトマック川でしょうか。よくもまあ、日本から移植した木を植えて、立派に育てあげたものだと感心するほどです。

 残念ながら、桜に咲く時期にぶつかったのは、ハイデル、パリ、ワシントンしかありません。

  台湾や中国にも「ヒガンザクラ」や「カンヒザクラ」が咲くそうですが、残念ながらまだ、出会ったことがありません。

 それにしても、サッカーの練習を3時間して、始まった花見の宴。延々と5時間も飲んでしまいました。練習より疲れた日曜日です。Vfsh0029

|

« 《願わくば花の下にて春死なん 花の東京》 | トップページ | 西欧美術紀行 《フェルメール》真珠の耳飾りの少女 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

たろべえさん

お花見ご疲れ様です。少年サッカーチームで専用グランドってすごいですね。

投稿: 通りすがりの旅人 | 2007年4月 3日 (火) 09時15分

(通りすがりの旅人さん)
通りすがりの花見客さん

 サッカーのグランドには恵まれています。小学校の校庭を借りるのも、地元に野球チームがあれば大変ですね。その点、わがチームは、必ず使えます。

 今年は本当に桜がきれいでした。しかしなんというお天気でしょうか。花見のあとは、2月のような天候で雪が降ったり、4月なのに夜はコートが必要ですね。はやく本当の春になればいいと思います。

投稿: もりたたろべえ | 2007年4月 6日 (金) 00時14分

たろべえさん
 件の少年サッカーチームにかかわっていた者です。例年のようにグランドにも春が来たようですね。今年は花見に参加できなくて(忘れてた!)、とても残念でした。
 今年もたくさんの新入団部員を迎えたのでしょうか?グランドに響き渡る子どもたちの元気な歓声が聞こえてくるような気がします。今後も楽しいブログをよろしくお願いします!

投稿: H13会長 | 2007年4月 7日 (土) 12時26分

会長さん、コメントありがとうございます。

 今回の花見は、夜9時まで続いていたようです。来年機会がありましたら、ぜひ遊びに来てください。

 それから部員も50名になりました。

投稿: もりたたろべえ | 2007年4月 7日 (土) 23時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177442/14501304

この記事へのトラックバック一覧です: 《桜の下で花見でした》世界の桜の名所は?:

« 《願わくば花の下にて春死なん 花の東京》 | トップページ | 西欧美術紀行 《フェルメール》真珠の耳飾りの少女 »