« 風林火山《由布姫》について | トップページ | 《海外移住資料館》横浜 »

DVDおろしや国酔夢譚

 念願のDVD《おろしや国酔夢譚》を観た。2時間を越える大作だが、ストーリー展開の速さと迫力ある厳寒のシベリアの風景描写など、息つく暇もない。なかなかおもしろい。Photo_176

 どうしても、ドラマチックな真冬のシベリア草原を旅するシーンやイルークーツクでの生活の模様そしてペテルブルグでの女帝・エカテリーナ2世との謁見の場面を中心に展開していく。制作費45億円、1991年制作、1993年公開の映画である。

 大黒屋光太夫一行は、嵐のためアリューシャン列島のアムチカ島に漂着するが、このあたりのロケは、北海道の奥尻島でおこなわれた。ロケの翌年、1993年(平成5年)7月12日、奥尻は「北海道南西沖地震」が発生し、青苗地区を中心に津波による壊滅的な被害を受けた。また、ロシア(映画製作当時はソビエト連邦の崩壊時)の政変の真っ只中で撮影がおこなわれたそうである。

 原作本を先に読んでいたのでわかるが、映画では、佐藤純弥監督もいっているように、かなり演出を加えている部分もあった。

 気になったのは、ラストの場面。ロシアから船で当時の日本の蝦夷地へ送られ、大黒屋光太夫と磯吉は、故国の土を踏むが、二人は縛られたうえ、樽のような容器に入れられ、罪人のように護送されているシーンが映る。確かに鎖国の禁を破ったには違いないが、原作者の井上靖が小説を書き上げた当時(1968年)には、まだ古文書が発見されておらず、日本へ帰国した光太夫らは、軟禁生活を強いられたことになっていた。

実際には、(以前、ブログでも紹介したが、)磯吉、光太夫共、故郷の伊勢に一時帰国を許されている。彼らが肉親との久振りの再会という、あたたかいエピソードがラストシーンを飾っていれば、さらに感動的な映画になっていたように思う。

 それにしても主演の緒方拳のロシア語は、すばらしい。あれほどたくさんのセリフをよく覚えたものだ。

(略年表)

    1782年(天明2年)大黒屋光太夫、神昌丸にて出港、暴風雨に遭い漂流。

    1791年(寛政3年)エカテリーナ2世に謁見、帰国許可を受ける。

    1793年(寛政5年)光太夫ら日本側に引渡される。

    1798年(寛政10年)磯吉が16年ぶりに江戸から故郷、伊勢へ一時帰国。

    1802年(享和2年)光太夫が20年ぶりに一時的に帰郷。

(DVD/おろしや国酔夢譚、井上靖原作、佐藤純弥監督作品、角川映画2005年)

|

« 風林火山《由布姫》について | トップページ | 《海外移住資料館》横浜 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

たろべえさん

やっぱり、故郷へ帰ったような場面は無くて、樽のような物に入れられて護送されていたのですか・・・
記憶って不確かなものだ、と痛感しました。

でも、たろべえさんのおっしゃるように、故郷に帰り、知人に会ったりして笑顔の場面で終わると感動的なったでしょうに・・・
暗くて寂しいまま終わってしまいました。

海外に渡った時期も国も異なるとはいえ、同じ遭難から始まったのに、帰国後の経過がジョン万次郎と全く異なるのは、ほんとうに気の毒でした。

投稿: Cojico | 2007年6月 8日 (金) 18時03分

Cojicoさん

 本当に結末は、わびしすぎましたが、それでもよく出来た作品だと思います。主演の緒方拳さんも熱演でした。

 正直なところ、原作を先に読んでいたので、あまり期待はしていませんでした。もちろん、佐藤純弥監督がどんな風な映像に仕上げるのか、早く観たいと思っていました。

投稿: もりたたろべえ | 2007年6月 8日 (金) 23時53分

お久しぶりです。

滅多に映画を見ない私が、この作品だけは封切の日を待って観に行きました。
感動しました!
その後、TV放送されたときに録画し、何度も見返しております。

私は光太夫こそ最強のサバイバーだと思っております。
生命力の強さもあったのでしょうが・・・
いやいや、実際あの時代の方にしては随分長生きをされたようで驚きました。

私も、帰還してからのそれぞれの家族の様子を見せてもらいたい~と思いました。
光太夫の妻子も・・・あっ、それはいけないか~。

再婚して日本で再出発をしたエネルギーも
見上げたものです。やっぱ、最強のサバイバーです。

江戸時代の日本人からは、生きることへの強いエネルギーを感じます。

投稿: うさぎ | 2007年6月24日 (日) 21時29分

うさぎさん

コメントありがとうございます。
船旅の記事、楽しく拝見しています。

 大黒屋光太夫の映画のファンえしたか。私はブログにも書きましたが、最近、DVDを取り寄せて観たばかりです。なかなかすばらしい内容でしたね。

投稿: もりたたろべえ | 2007年6月25日 (月) 12時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177442/15327671

この記事へのトラックバック一覧です: DVDおろしや国酔夢譚:

» モデル岩瀬直美のblogができました。 [岩瀬直美 is blog]
元オスカーの売れっ子モデル岩瀬直美のblogができました更新中です。ご覧下さい。 [続きを読む]

受信: 2007年6月 6日 (水) 12時10分

« 風林火山《由布姫》について | トップページ | 《海外移住資料館》横浜 »