« 《日米和親条約》オランダ語が共通語?黒船「日本海外交流史」 | トップページ | 日本初の本格的英和辞書《英和対訳袖珍辞書》 »

黒船の通詞・数奇な一生《堀達之助》ストーリーその1

 1853年(嘉永6年)、世にいう「黒船」ペリー艦隊が浦賀にやってきた。そのとき江戸幕府側の首席通詞(通訳)として、活躍したのが堀達之助30歳であった。達之助は長崎でオランダ通詞の家に生まれ、後に同じ通詞の堀家の養子となった。

アメリカ大統領の親書を携えたペリーは、翌1854年再び艦隊で来訪。しかし今度は、達之助が次席で首席通詞には、長崎でオランダ語はもとより、「英語」を習得した森山栄之助が就任した。(達之助はある程度、英語の読み書きはできたようだが、会話の経験はまったくなかったようだ。その点、アメリカ人捕鯨船員・マクドナルドから会話を習っていた栄之助が首席通詞として抜擢された。)ペリーたちとの交渉の通訳は、栄之助がおこない、達之助はもっぱら外交文書の翻訳(オランダ語からの日本語訳)に従事した。当然のことだが、達之助はエリート・森山栄之助に嫉妬したに違いない。

その後堀達之助は、下田開港に伴い、下田詰(現地駐在)となる。この地でアメリカ商人(実はドイツ人)のリュドルフと知合う。彼が乗船していたのは、米国旗を掲げ、アメリカに雇われたドイツ船・グレタ号であった。ドイツ人船長とリュドルフは、日独通商を要請する奉行宛の書簡を達之助に託す。しかし彼はその書簡を個人の判断で上申することなく、保留していたため、罪にとわれ1855年投獄。4年間の牢獄生活を強いられた。獄中では、死罪となる吉田松陰とも接触があった。

1859年、幸い達之助の通詞としての技量を知っていた「蕃書調所」(東京大学の前身といわれる学問所)の頭取・古賀謹一郎の尽力により、赦免、釈放され、蕃書調所の翻訳方に採用される。ここで達之助は、古賀の命を受け、本格的な“英和辞書”の編纂にたずさわることになった。Photo

それまで日本初の英和辞典といわれる『諳厄利亜語林大成(アンゲリアごりんたいせい)』という辞書はあった。掲載されていたのは英単語が6,000語にすぎなかったため、実用には遠かった。さらにこの辞書に附された日本語の発音が、オランダ商館のブロムホフの発音した「オランダ訛りの英語」であったため、基本的な英語の発音とは程遠いものであったそうだ。たとえば、Personns(個人、人ペルソンス=パーソンズ)、summer(夏ソムムル=サマー)、 sugar (砂糖シュガル=シュガー)、drink(飲むデイリンキ=ドリンク)、 war(戦争ワル=ウォー)という具合だ。

 そして1年8ヵ月の努力の結果、堀達之助は、35,000語にも及ぶ英単語と日本語訳を掲載した『英和対訳袖珍(しゅうちん)辞書』を発刊(200部印刷)した。これは日本英学史学会によれば、1862年「日本初の本格的」英和辞書である。ちなみに袖珍(しゅうちん)とは、ポケットの意味で携帯できる字引なのである。その後もこの辞書は改訂や増補を重ねたばかりか、明治期はほとんどの英和辞典の基礎となった。4_2

写真:上/幕末の堀達之助、下/英和対訳袖珍(しゅうちん)辞書、大阪女子大図書館蔵

※参考:『英学と堀達之助』堀孝彦著、雄松堂出版/『堀達之助とその子孫』村田豊治著、同時代社/『黒船』吉村昭著、中公文庫

|

« 《日米和親条約》オランダ語が共通語?黒船「日本海外交流史」 | トップページ | 日本初の本格的英和辞書《英和対訳袖珍辞書》 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

たろべえさん
幕末には偉い人がいるものです。ほとんど日本史の教科書には通詞(通訳)の活躍等は全く出てきませんよね。いつの世も歴史に名を残すのは総理大臣や外務大臣のような身分の高い役人ばかりですね。是非堀達之助のように裏方で活躍した人にもスポットをあてて下さい。

投稿: 通りすがりの旅人 | 2007年7月27日 (金) 10時26分

通りすがりの旅人さん

通詞(通訳)は、あまり表舞台には出てきませんが、たとえば福沢諭吉は、オランダ語の通詞出身なのです。

 今回取り上げた「堀達之助」は、浮き沈みも激しく、晩年は静かに暮らしたタイプです。続編をお楽しみに。

コメント、いつもありがとうございます。励みになります。

投稿: もりたたろべえ | 2007年7月27日 (金) 18時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177442/15911576

この記事へのトラックバック一覧です: 黒船の通詞・数奇な一生《堀達之助》ストーリーその1:

» 情報商材市場が壊滅します。 [スーパーアフィリエイターブログ]
もう、詐欺的な情報商材を購入する必要はありません。詐欺的な情報商材を壊滅させる黒船来航こんな経験... [続きを読む]

受信: 2007年7月28日 (土) 12時15分

« 《日米和親条約》オランダ語が共通語?黒船「日本海外交流史」 | トップページ | 日本初の本格的英和辞書《英和対訳袖珍辞書》 »