« 《新潟の美酒がならんでいた》 | トップページ | 《夏休みのクラブ部活動》 »

《夏休みのラジオ体操》

 ラジオ体操は毎日出席した。「皆勤賞」だと、夏休み最後の日に、こども会のお母さんたちがノートや鉛筆を「はい、ご褒美よ」とくれた。それが目当てで、眠い目をこすりながら走っていったものだ。近頃は、お手伝いのお母さんが大変だからと、ラジオ体操は夏休みのはじめの一週間と8月の最後の一週間しかやらなくなった。

 体操のあとは決まって、近くの雑木林に虫とりに行く。運が良ければ、カブト虫やクワガタに出会うことができた時代だ。私は東京の郊外の“武蔵野”と呼ばれる土地で育った。いまでもたまに母親に会うために出かけると、森も林もそこには、もうない。あたりまえのように宅地造成の波にのまれ、幹線道路が走っている。それもそうだ、新宿や池袋のような都心から、ものの3、40分も急行に乗れば、着いてしまう便利なベッドタウンなのだから。

 カブトやクワガタには、正札がついて売られている時代だ。当然、小振りな「ミヤマクワガタ」より、強そうな「ノコギリクワガタ」の方が高いのだ。しかも断然、オスがメスよりも高い。世の中はどんどん、変わっていく。

 ところでラジオ体操といえば、「第一」はまだしも、「第二体操」は嫌いだった。両腕の肘から上を直角に立て、「よいっしょっ」のようなポーズがあったし、お尻を突き出す「背の運動」があったのだ。なんとなく恥ずかしいと思った。Photo

 体操の出席カードは、ボール紙で出来ていた。母親に頼んで、角の穴にひもを通してもらい、首から下げて集合場所に行く。出席すると、「出」のスタンプを押してもらう。なかにはずるがしこい奴がいて、サボった日の分も押してもらおうとする。そうはいかない。何日かごとに、今日は青。明日は赤、あさっては黒といったふうに、スタンプのインクの色を変えてある。(こどもの頃、この「出」のスタンプ印やスタンプ台があったら、もっと静かに夏休みを送れたかもしれない)

 少し寝坊をしても、なんとか体操終了後のスタンプ押しの時間までに行けば、バツが悪いものの、なんとかスタンプをもらえた。

 そいえば近所のおばあちゃん、おじいちゃんもラジオ体操に参加していた。いまの方が年寄は多いはずなのに、体操に参加する大人は少ない、気がする。

 それから「ラジカセ」などはない時代、広場に近いお宅が、電気ラジオを提供してくれていた。真空管利用の大きな「ラジオ」。ピー、ボワーッと音を立ててチャンネルを回してNHKにチューニングする。ボリュームを上げ、あまり大きな音にすると音が割れた。そんな朝からやかましい広場がなくなってきた。神社の境内であったり、小さな公園であったり、平和な夏休み風景が妙になつかしい。Img_005_000053s4300

(写真:上/東芝ラジオ、下/昭和35年頃の風景、撮影者不明)

|

« 《新潟の美酒がならんでいた》 | トップページ | 《夏休みのクラブ部活動》 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ラジオ体操は小学校の時の懐かしい思い出ですね。出席してハンコをもらう時のわくわくした気持。ご褒美に文房具もらいましたよ。

投稿: 取りすがりの旅人 | 2007年8月17日 (金) 17時43分

取りすがりの旅人さん(名前をかえたのですか?)

通りすがりさんでしょうね、コメントありがとうございました。

 ラジオ体操は、いまでも続いているのがすごいですね。7月の下旬、近所のラジオ体操会場を通ったら、こどもは10名くらいで、おとなが4名でした。さてさて、8月下旬はどうでしょうか。

投稿: もりたたろべえ | 2007年8月17日 (金) 18時51分

「出」のスタンプ、そして頂けるご褒美へのけなげな思い、読んでいて何時の間にか笑顔になっていました。
たろべえさんは、素直でスポーツ好きな少年だったんですね。

私は、生徒達が広範囲から通っていた学校に通っていた為なのか(?)、「ラジオ体操」に参加したことがありません。
たろべえさんのこの思い出話を読んで、なんだかその経験の無いのが、寂しく感じられました。

年をとったら、ラジオ体操に通うのも健康に良さそうですね。

そうそう、私はラジオ体操第二の方が、体の動きが変わっていて好きでしたよ。

投稿: Cojico | 2007年8月21日 (火) 20時38分

Cojicoさん

ラジオ体操に参加したことがないなんて、
もったいない話ですね。

 私はおっしゃるとおり、学校から帰ってくるとランドセルを放り投げて、外で遊んでいた子でした。宿題は学校の休み時間に終わらせていました。

 夏休みの宿題は、特別な場合を除いて、8月の30日か31日に一気に仕上げておりました。(もちろん、絵日記やお天気調べは別ですが)この姿勢は、かわらず、中学・高校の試験前は体力と集中力に自信があったので、直前や前の日に「えいっ、やぁ!」と片付けておりました。

投稿: もりたたろべえ | 2007年8月22日 (水) 12時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177442/16140603

この記事へのトラックバック一覧です: 《夏休みのラジオ体操》:

» ビリーバンド [ビリーバンド]
ビリーバンドの単品激安販売 [続きを読む]

受信: 2007年8月17日 (金) 16時02分

« 《新潟の美酒がならんでいた》 | トップページ | 《夏休みのクラブ部活動》 »