« 《明洞》はアメ横か、はたまた歌舞伎町 | トップページ | 《世界旅行博》に行ってきました »

《盛岡冷麺》

 盛岡駅近くの「ぴょんぴょん舎」で名物《冷麺》を食べたことがある。実は先日、ソウルで本場の冷麺を食べたが、盛岡の方が格段にうまいと思った。

 冷麺はもともと韓国より北朝鮮の特産品のようだ。小麦粉とジャガイモ(片栗粉)でつくった麺をつかう。昭和29年頃、北朝鮮・平譲(ピョンヤン)出身の方が、盛岡で店を出したのがはじまりという。水キムチのスープはさっぱりしている。麺には腰があり、なんともおいしい。朝鮮半島の食文化が日本的に(岩手的に)変容したのであるが、日本人の味にあう。最近知ったことだが、東京の銀座と神奈川の川崎でも、この冷麺がだべられるそうだ。

http://pyonpyonsya.co.jp/tenpo.html

ぴょんぴょん舎の紹介文

冷麺のルーツは、朝鮮半島の北西・平壌です。
平壌冷麺は、お米のとれにくい寒い地域に伝わる冬の料理で、ソバ粉・でんぷん・小麦粉を練り上げて作った麺と、ミルクのようにまろやかな高麗キジのだし汁に、冬沈漬(トンチミ)という大根の水漬けの汁を加えた自然発酵のスープが特徴です。
ソバを栽培し、キジが生息する、漬物のおいしい寒い地域…となると、そう、盛岡も共通しているのです。
平壌をふるさとにもつ料理人が、ふるさとに思いを馳せて、盛岡で冷麺を作ってみたのが盛岡冷麺の始まりです。

海を渡った冷麺~そして盛岡へ~

昭和29年、朝鮮半島に古くから伝わる代表的な麺が、海を渡りはるか盛岡の地に登場しました。

盛岡の麺職人・青木輝一氏が同年食道園を開店し、そこで冷麺を作り始めたのです。

当時、日本国内ではすでに朝鮮半島で食べられていたあっさり味の平壌冷麺が知られていましたが、青木氏が同じ朝鮮半島咸興(ハムン)地方の甘辛いソースに麺を混ぜ合わせていただく咸興冷麺と平壌冷麺を創作したのが、現在の盛岡冷麺の基礎となっています。

北緯40度の風が運んだ冷麺は、それ以来日本人好みのコクのある味に変化しながら、宮沢賢治の謳うイーハトーヴの自然風土と調和し、他の地域とは味・スタイルを別にした盛岡独自の特徴ある麺として定着、人々に愛されるようになりました。その後、昭和40年代以降より盛岡近辺には次々と工夫を凝らした冷麺を出すお店が開店するようになりました。

昭和60年代のブームはグルメ。そこで昭和61年10月17日より盛岡で開催された「ニッポンめんサミット」に盛岡の冷麺が出品され、そこで「盛岡冷麺」と名付けられました。これがきっかけで、「盛岡冷麺」は一躍全国へ知られるようになり、麺業界の中で確固たる地位を確立するに至ったのです。

頑固なまでに「手づくり」にこだわった製法が国内の人に受け入れられ、盛岡冷麺ファンは年々増加を続けました。それには、おみやげ用として開発されたテイクアウト冷麺の普及が大きく影響したとも言えましょう。

Photo_2 (写真はクリックで拡大します)

|

« 《明洞》はアメ横か、はたまた歌舞伎町 | トップページ | 《世界旅行博》に行ってきました »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177442/16428747

この記事へのトラックバック一覧です: 《盛岡冷麺》:

« 《明洞》はアメ横か、はたまた歌舞伎町 | トップページ | 《世界旅行博》に行ってきました »