« 群馬県館林《花山うどん》 | トップページ | 日本のハリウッド《太秦映画村》 »

京都の隠れた名店《蔵》

 修学旅行の添乗で京都へ行った。最近は班別の研修が流行りで、その日は、北野天満宮が「チェックポイント」であったため、天満宮に待機。お昼時を過ぎたので、タクシーの運転手にきいた、北野の店を探した。

 この界隈は、南禅寺や清水と同様に「豆腐料理」も有名だ。そこでランチタイムは、

「蔵(くら)」という、文字どおり蔵を改造した和食の店へ。カウンターが5、6席。テーブル席が2つ。薄暗い店内だが、混んでいる。

 そこで《おばんざい定食》を注文。20人前限定で850円だ。「おばんざい」とは、京都の家庭料理のことで、季節の野菜を調理した「普通の」惣菜で、多種多様だ。おふくろの味といったところだ。Vfsh0035

 おばんざい定食の内容はつぎのとおり。

    揚げ出し豆腐

    だしまき(タマゴ焼き)、小芋、かぼちゃのたいたん(煮物)

    きんぴらごぼう

    お茄子の揚げ浸し

    おみそ汁(豆腐とわかめ)

    お漬物(柴漬け)、白ごはん

なんといっても揚げ出し豆腐が絶品だった。そのほか、全体的には薄味だが、それでもしっかりした味がついている。特別なごちそうではないが、これで850円なら納得である。この定食以外のも北野そば(中華そば)600円、蔵定食1,150円、湯どうふ御膳1,500円などもある。

 カウンターには九州の麦焼酎や日本酒の久保田や八海山もあるが、ご主人の本田さんにうかがうと、いまは人手不足でお昼の営業しかできないそうだ。これだけ、酒の肴にマッチする「おばんざい」があるのに、実にもったない話。

       

        京都市上京区御前通今出川上ル馬喰町886(北野天満宮に向かって右側)

        TEL:075(462)9010

        営業/11:30~14:30頃 休み:月曜日

オープンして2年半ほどなので「知る人と知る」店のようだ。Vfsh0033_3

|

« 群馬県館林《花山うどん》 | トップページ | 日本のハリウッド《太秦映画村》 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

今度は京都へ修学旅行の添乗ですか。お疲れ様で御座います。また面白い話をきかせてください。

投稿: 通りすがりの旅人 | 2007年10月 5日 (金) 17時46分

通りすがりの旅人さん、コメントありがとうございます。久しぶりに添乗しました。群馬県の館林の有名な男子高校で、素直ないい生徒さんばかり。また現役添乗員に復帰しようかな。

投稿: もりたたろべえ | 2007年10月 5日 (金) 21時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177442/16662912

この記事へのトラックバック一覧です: 京都の隠れた名店《蔵》:

« 群馬県館林《花山うどん》 | トップページ | 日本のハリウッド《太秦映画村》 »