« 世界遺産《石見銀山》のおかげで大人気の《首都圏島根県観光情報説明会》 | トップページ | 《コッツウォルズ》英国でもっとも美しい田舎 »

《しまね和牛》と《出雲そば》

 「首都圏島根県観光情報説明会」終了後、交流会(懇親会パーティー)が開かれた。

選び抜かれた島根の食材が披露された。こちらは、なかなかどうして逸品揃いだ。

Vfsh0050

《しまね和牛》「食材おしながき」から

高級牛肉の産地として知られる但馬や松坂をはじめ全国の和牛農家が繁殖用として競って購入し、全国的に認知されるようになりました。鮮やかな色合いと、きめ細かな霜降り、深いコクと風味豊かな味わいが特徴です。(しまね県産品ブランド化重点産品)

 食べてみた。ホテルオークラの一流シェフが肉を焼く。赤ワインソースだ。間違いなくうまい。もちろん歴史がある。古くから出雲や石見の山間部では、「たたら製鉄」の主産地であり、その輸送手段に牛馬が使われたため、牧畜が盛んであったそうだ。昭和30年代に入り、輸送手段の変遷とともに、次第に良質な肉牛飼育へとかわっていった。

Vfsh0051_2 

《出雲そば》「食材おしながき」から

そばの実を甘皮まで一緒にひくため色は濃いめで、香りが強く、コシがあります。3段に重ねた丸い容器に盛られたそばに薬味とだし汁を入れていただく「割子そば」が食べ方の定番です。

 確かに普通のそばより、色が黒い。そばの殻つき(玄そば)のまま挽いたそば粉の二八そばである。玄そばにはビタミン、ミネラルも豊富に含まれているというから、実にヘルシーだ。出雲地方では昔から「重箱」のことを「割子」と呼び、野外でそばを食べるときのお弁当箱であったという。食べ方は、そばの上に薬味(わけぎ)と大根おろしと海苔をのせ、濃い目の汁を少々かける。(食べ終わったときに汁が残らない程度に)

なかなかうまいそばである。

Vfsh0049

 さてこのほかにも「ノドグロ」、「隠岐のいわがき」、「宍道湖産ヤマトシジミ」などの島根を代表する食材もあった。(いわがきは時期のせいか、小振りだった。シジミは鮮度の関係か以前、地元で食べた方が格段においしかった)

 それでも島根の食文化は、すばらしい。

|

« 世界遺産《石見銀山》のおかげで大人気の《首都圏島根県観光情報説明会》 | トップページ | 《コッツウォルズ》英国でもっとも美しい田舎 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177442/16773193

この記事へのトラックバック一覧です: 《しまね和牛》と《出雲そば》:

» リルヴィーナって知ってますか [リルヴィーナって知ってますか]
口コミランキング常連上位のリルヴィーナ化粧品 驚きの使用感でコスメジプシーだったわたしが 最後にたどり着いたお化粧品です。 [続きを読む]

受信: 2007年10月19日 (金) 11時18分

« 世界遺産《石見銀山》のおかげで大人気の《首都圏島根県観光情報説明会》 | トップページ | 《コッツウォルズ》英国でもっとも美しい田舎 »