« とりあえず、京都だから《金閣寺》へ行こう | トップページ | 《しまね和牛》と《出雲そば》 »

世界遺産《石見銀山》のおかげで大人気の《首都圏島根県観光情報説明会》

 島根県の観光情報説明会が、ホテルオークラでおこなわれた。今年7月、世界遺産に登録されたためか、例年より80名も多い320名の出席者と地元関係者が約80名。しかもこの観光情報説明会は、この4月に当選した溝口善兵衛島根県知事も出席だ。

Vfsh0048_2 

 説明会はパワーポイントや映像を中心に、てきぱきと展開していくが、やはり今年は「石見銀山」の説明に参加者の関心が高かった。(旅行会社各社、JR・航空会社関係、マスコミ・メディア関係)

さて、ユネスコの世界遺産に登録された7月から9月までの石見銀山への観光客入場者数は、なんと昨年同時期の4.5倍だそうだ。この地域は「自然との共生、環境への配慮」をテーマに、ゆったりとした時間の中での日本の良さを体感していただきたいそうだが、どうも現実はきびしいらしい。

石見銀山方式の「パークアンドライド」で、観光バスやマイカーは、銀山の手前2㎞から侵入禁止だ。その先は路線バス利用。しかもピーク時は、そのバスが満員で大量の積み残しが出る始末だそうだ。このシステムは、「遺跡と自然と人々の暮しの」調和のために導入したという。プレゼンに立った行政の方は、つぎのようにもいっていた。

団体で来るときは、ピークを避けてほしい。個人(パーソナル型)で来るときは、時間をかけてほしい。石見銀山での滞在時間を伸ばす(旅行)商品をつくってほしい。銀山のモデルコースは、町なみ90分、銀山150分の合計4時間。しかもできれば「散策観光」で歩いたり、レンタサイクルを利用してほしい。鉱山をよく知るため「事前学習」をぜひ、してきてほしい。できれば(予約制の)現地ガイドとともに歩いてほしい。

私は以前(世界遺産登録前)、石見を訪れたことがある。確かに山間(やまあい)の静かな場所だ。しかし、これがどうして「世界遺産」なのか、もうひとつ疑問だ。

確かに話題性がある。しかし永久にブームは続かない。広島から2時間半で行ける距離だから、石見近郊の温泉地が潤う保証はない。「出雲」と「石見」と「隠岐」の島根はあまり銀山にばかり特化していると、世界遺産が飽きられたとき、観光地として生き残っていけるのだろうか。

Vfsh0404_2 

|

« とりあえず、京都だから《金閣寺》へ行こう | トップページ | 《しまね和牛》と《出雲そば》 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

たろべえさん
石見銀山ですが、7月に日本で14番目の世界遺産に登録されてから、かなりの経済効果があるようです。

たろべえさんも本文で観光客の増加の事を書いていますが、地元の”山陰中央日報”にも興味深い記事があります。
http://www.sanin-chuo.co.jp/news/modules/news/article.php?storyid=443986006

(要約します)
石見銀山宿泊者の受け皿となった玉造温泉で大幅に増加したことが分かったそうです。

夏場、7、8月の島根県内の主要観光施設の統計では、石見銀山遺跡(龍源寺間歩)が9万2000人で前年同期に比べて一気に4倍増。同じ大田市内にある温泉津(ゆのつ)温泉は25%増。

効果は、石見だけではなく、松江にも波及し、松江城の堀をめぐる堀川遊覧船も25%以上のアップだったそうです。

大手旅行会社によると、石見銀山周辺の駐車場や宿泊施設がまだまだ不十分なことから、古くからの観光地”松江”に観光客がシフト。玉造温泉旅館組合の発表でも20%増えたそうです。

これに比べ、隠岐観光協会によると観光客は20%減とのことで、全く波及効果・相乗効果はありません。なんだか気の毒ですね。

投稿: 毎日が日曜日 | 2007年10月15日 (月) 23時59分

毎日が日曜日さん

 山陰日報の記事、拝見しました。
どうやら世界遺産登録で恩恵に預かったのは、石見と出雲地域で、逆に隠岐は、観光客が減ってしまったという現実ですね。詳しい解説をいただき、感謝しております。

投稿: もりたたろべえ | 2007年10月16日 (火) 10時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177442/16771948

この記事へのトラックバック一覧です: 世界遺産《石見銀山》のおかげで大人気の《首都圏島根県観光情報説明会》:

» ココがヘンだよ日本人。土産 [転職 履歴書 書き方]
函館山の夜景と 新鮮な魚介類が食べたく、 道南を2泊3日で回ったのは 11年前。 長女の眼には 今回 行く”北海道”がどう映るんだろうか? 家族への土産はいらないけど、自分の眼で「北の国」を見て来て欲しい。 (おまけ)私の3度目の北海道旅行 そして ついでに証明写真を撮る⇒祖母の家へ姉上からのイギリス土産を受け取る⇒家に帰って夕飯⇒リビングの大きなTVでDVD鑑賞開始 という流れを(爆)DVD鑑賞開始目標時間は7時です。頑張れ自分。 そして もう一つは 息子夫婦の バリ土産...... [続きを読む]

受信: 2007年10月15日 (月) 23時06分

« とりあえず、京都だから《金閣寺》へ行こう | トップページ | 《しまね和牛》と《出雲そば》 »