« 《はとバスの新人バスガイドさん》 | トップページ | 《神田明神》名物「天野屋」の《甘酒》 »

《神田明神へ》その1

JRのお茶の水駅を降りて、聖橋を渡って湯島の聖堂の角から本郷通りを右へ。しばらく歩くと「神田明神下」である。甘酒で有名な「天野屋」が角にある。大きな鳥居が見える。この坂を行くと神田明神。広大な敷地ににぎやかな社殿が目に入る。Vfsh0068_edited

 神田明神は、社伝によれば、天平2年(730)、武蔵国豊島郡芝崎村(現・東京都千代田区大手町)に創建された。延慶2年(1309)、東国の英雄で庶民たちに仰がれた平将門公が合祀され、太田道灌・北条氏綱といった名立たる武将によって手厚く尊敬された。

 慶長5年(1600)の関が原の戦いで、神田明神では徳川家康公の戦勝祈願をし、御守りを授与したところ見事に勝利を得た。これ以降、家康公の合戦勝利にちなみ、縁起の御守り「勝守(かちまもり)」を授与するようになり、現在でも多くの参拝者に授与している。

 元和2年(1616)、江戸城の表鬼門にあたる現在の地に遷座し、幕府により社殿が造営された。江戸時代を通じて「江戸総鎮守」として歴代の将軍はもとより江戸の庶民たちにも崇拝されるようになった。(境内の案内より)

Photo

 さて、この神田明神、現在は一の宮「大黒様(おおなむちのみこと)」、二の宮「えびす様(すくなひこなのみこと)」、そして三の宮「平将門(たいらのまさかど)」を祀っているが、もともとは、将門の、それも「胴体」をお祀りしている。除災厄除けの神徳をもつ神様とのこと。

 平将門については、歴史の教科書で《承平・天慶の乱》で、藤原純友とともに「武士」の先駆けとして活躍したことが知られている。結局は、首をはねられて殺されてしまうのだが、権力に立ち向かう姿は、庶民から支持されたようだ。何より、実際に生きた人間が「神様」となったのは、菅原道真(太宰府天満宮・北野天神)や徳川家康(日光東照宮)も同じだが、おそろしいことに、将門の場合、御首(みしるし)を祀った《首塚》(将門塚)が残っている。その場所が、都内千代田区大手町である。「怨霊(おんりょう)」とか、祟り(たたり)とか、いくつかの伝説も残っている。

 将門は、自ら「新しい天皇になる」と宣言して、東国(千葉県茨木県を中心にした関東)で乱を起こし、朝廷に逆らう存在として考えられていたため、明治天皇が神田明神を訪問するにあたり、祭神からはずされた。(明治7年将門神社に遷座)そして再び、神田明神の本殿に祀られたのは、なんと昭和59年のことであった。

 少なくとも甘酒を飲んでうかれている場合ではない。《首塚》に行かなくては・・・。(写真:たろべえ撮影、資料:神田明神発行ガイドブックより)

Photo_2

|

« 《はとバスの新人バスガイドさん》 | トップページ | 《神田明神》名物「天野屋」の《甘酒》 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

神田明神って おみこし 有名ですね。
なんと平の将門さんをおまつりしていたとは。しかも 首 は大手町ですか。恐ろしくなってきましたがなぜか先をよみたくなります。銭形平次も確か神田明神近くにいたはずでしたか?架空の人物ですか?

投稿: 通りすがりの旅人 | 2007年11月16日 (金) 00時40分

通りすがりさん

添乗中でコメントの返信遅れました。

銭形平次は神田明神下の住んでいたことになっていますね。架空の人物ですが、神田明神の境内に石碑がありました。それだけ人気があるのですね。

 さて将門ですが、東京の大手町のど真ん中にまだまだ「首塚」があるのです。乞うご期待・・・です。

投稿: もりたたろべえ | 2007年11月20日 (火) 23時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177442/17075741

この記事へのトラックバック一覧です: 《神田明神へ》その1:

« 《はとバスの新人バスガイドさん》 | トップページ | 《神田明神》名物「天野屋」の《甘酒》 »