« 《もりたたろべえ》これからのスタンス | トップページ | 【にっぽん旅の文化史】江戸時代の《浪花講》の看板は旅行会社の協定看板だった »

西伊豆《堂ヶ島》へ行ってきました

 久しぶりで西伊豆・堂ヶ島へ添乗した。貸切バス2台で東京と埼玉から、1泊2日のゆったりした旅行である。お客様は、一部上場のある香料メーカーのOB会の年に一度の総会と懇親会だ。

 堂ヶ島は風光明媚なところだ。何度も行ったことがあるが、とくに団体で行く場合、東京からなら、朝9時に都内を出て、東名高速を沼津で降り、早目の昼食。(沼津グルメ街道があり、多くのドライブインが立ち並ぶ)土肥で金山を見学して、夕方4時には堂ヶ島温泉ホテルに到着。

Photo_7

 もちろんここより高級な宿もあるが、料理もそこそこで、従業員の接客マナーもよい。天然温泉は、肌に心地よい。海辺の露天風呂もある。何よりも、ガラス張りのロビーから眺める「夕陽」が美しい。だから今回は、サンセットに間に合わせた。午後6時(18時)からの宴席には、十分ゆっくりできる時間に、着けたかった。部屋はすべて海側だ。

 物見遊山のあちこち駆け足の団体旅行は、もう、はやらない。大分かわってきたが、まだまだ「安く、たくさんの観光地を」飛び回るツアーがなくならない。トラトラビックスやクラブツリツリズムなどにも、たまにみかける。

さて十分な料理と温泉三昧を過ごし、2日目は、堂ヶ島の天窓洞めぐりの遊覧船。風が強いと欠航になるが、この日は大丈夫だ。(万一、欠航になった場合は、「加山雄三ミュージアム」や「らんの里」など代替施設もある)その後は、途中、ひものセンターで買物をして、大仁か韮山で中華料理か手打ちそばの昼食。冬ならイチゴ狩りでもして、東京に夕方、早目に帰ることができる。

 バス車内から見えるが、やはり富士山はきれいだ。日本各地には、美しい場所がたくさんある。自分の専門は海外旅行なのだが、まだまだ伊豆は、捨てたものではない。(写真:たろべえ、料理イメージ:堂ヶ島温泉ホテル提供、夕陽は西伊豆町観光協会・同ホテル提供

Photo_4

Photo_6

 

|

« 《もりたたろべえ》これからのスタンス | トップページ | 【にっぽん旅の文化史】江戸時代の《浪花講》の看板は旅行会社の協定看板だった »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

たろべえさん
西伊豆とは羨ましい。しかし夕陽がきれいですね。きっとおいしいお刺身やイセエビやカニなんか たらふくたべたのでしょうね。

投稿: 通りすがりの旅人 | 2007年11月23日 (金) 11時29分

通りすがりさん
「添乗」つまり仕事で行ったので、ご馳走は食べれません。念のため。

 しかし景色は楽しめました。

投稿: もりたたろべえ | 2007年11月24日 (土) 22時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177442/17133790

この記事へのトラックバック一覧です: 西伊豆《堂ヶ島》へ行ってきました:

» 冬こそ鍋! 具材特集 [優良画像情報発信ブログ]
冬と言えば鍋! (´▽`)鍋の具材セットです!メインの具を絞り予算と人数にあわせて選ぶことができます。どうでしょう?いろいろな鍋セットです。 [続きを読む]

受信: 2007年11月30日 (金) 03時25分

« 《もりたたろべえ》これからのスタンス | トップページ | 【にっぽん旅の文化史】江戸時代の《浪花講》の看板は旅行会社の協定看板だった »