« 西伊豆《堂ヶ島》へ行ってきました | トップページ | 【にっぽん 旅の文化史】江戸時代の旅籠・協定看板はいくつあった?《新居宿 紀伊国屋》 »

【にっぽん旅の文化史】江戸時代の《浪花講》の看板は旅行会社の協定看板だった

Vfsh0041_edited

江戸時代中頃から、各地の神社・寺院へ参拝するため、あるいは霊山への参拝のため、多くの「講」がつくられるようになった。それは、「伊勢講」や「富士講」のような団体組織であった。伊勢詣で(伊勢参宮)などを中心とした、旅行費用の積立型団体旅行のはしりでもあった。必ずしも「団体」で旅に出るわけではなく、多くは多額な旅行代金を積み立てる構成メンバーの中から、毎年数人を選んで、代表者が参拝する「代参」のシステムがあった。

一方では徳川幕府によって、参勤交代の制度化や五街道をはじめ主要道路の整備とともに、各街道には宿駅が置かれ、馬や人足で人や物資を運ぶ「伝馬(てんま)制度」がつくられていた。基本的には、幕府公用のためのものであったが、商人や町人らの利用も増えた。日本全国をつなぐ人や物の交流が発達し、庶民たちも旅に出ることになった。

街道筋に宿(旅籠:はたご)や休憩所が軒を並べていくが、次第に集客の競争が激化してくると、中には飯盛女を使って強引に客引きをする宿屋も出てくる。気の弱いお客は自分の意志に反して、「悪質」旅籠へ連れ込まれ、言葉たくみに誘導され、あやしげな飯盛女に酒でも給仕されれば、ついついその気になって、法外な宿泊代や花代を請求され、多額な支払いをしなくてはならなくなる。

そこで立ち上がったのが、諸国を行商していた大坂商人松屋甚四郎の手代源助。まつや源助は、「安心して泊れる宿屋」を組織化することを思い立つ。宿屋の待遇に差がないように、一人で泊っても安全な旅籠の存在を願った。

文化元年(1804)、源助は、主人の松屋甚四郎と鍋屋甚八に相談し、二人に「講元」になってもらい、諸国有志の宿屋に加入してもらい、《浪華組》をつくった。加盟した宿屋には、共通の看板を揚げて、「優良宿屋」であることを一般に宣伝した。

源助は、布団の綿を打ち直す際に使用する、鯨の骨でできた弓を売りあるきながら、主要街道筋にあった、評判のよい優良旅籠を指定していった。加盟宿には目印の看板をかけてもらい、浪華組または浪花組(組合)に加入している旅人には、所定の鑑札を渡して、宿泊の際に提示させるようにした。いまでいう会員組織である。また、ガイドブックともいえる『浪花組道中記』や『浪花講定宿帳』を発行し、宿場ごとに、加盟の旅籠や休憩所の名を掲載した。この冊子には、宿場間の距離やイラスト地図(絵図)を掲載して、旅行中に携帯して役立つ案内本として、各地の情報をのせた。(「浪花組」は、天保12年(1841)には、名称を「浪花講」と変更する。)

現在、各大手旅行会社は、全国的に「協定旅館連盟」を組織している。旅館・ホテル・場所によっては民宿・ペンションなども連盟に加盟している地区もある。昼食施設や土産物屋、寺社や美術館・博物館などの見学施設などで構成する「協定観光施設連盟」も存在する。これらの宿や店頭には、旅行会社の「協定看板」が、かかっている。(おもに美術館・博物館などの公的なものや寺社仏閣などは、協定連盟には加入しないのが普通)

 各施設は、毎年“協定”の会費(看板料)を旅行会社に納める。旅行会社は各地の旅館やドライブインなどを予約手配する際、協定施設を優先的につかう。いわば共存共栄の関係のはずだが、年間の看板料が高く、旅行会社からの「送客」が少ない場合、その費用対効果に見合う収入が稼げなくなると、協定連盟から脱会していくこともある。

 中には、実際に宿泊したお客様から、接客が悪い、料理が悪いなどのクレームが頻繁に発生すると、旅行会社は「協定」からはずすこともある。

 さて《浪花講》の木製看板だが、実際に現物が残っている。(神戸市立博物館蔵)

0016

そしてガイドブック『浪花講定宿帳』の冒頭には、次のような「口述」(会則のようなもので、浪花講加盟の宿屋についての説明文)がある。

「諸国道中筋定宿并定休所に此通り木の看板つけ置申候、是を目当てに御泊可被成(なさるべし)諸事実直にて御世話申、売女飯盛など御客すすめ不申候 これ当講の規定御安心にて御泊可被成 万一右かんばん通の方にて 粗略なる儀ある者の名前を御記被下(おしたためくだされ) 以書面大阪まつや源助まで 御しらせ可被下早速定宿替可申候 巳上」

    諸国、道中(街道)筋の定宿ならびに休憩所に対して、このとおり木製看板をつけるように申し渡してあります。この看板を目印にご宿泊ください。すべてにわたって実直にお世話していただけます。この看板の宿では、あやしげな売春婦や飯盛女などをお客様にすすめたりしません。それが浪花講に加盟する宿の規定ですので、安心してご宿泊ください。万一、この看板のある宿で粗末な扱いを受けることがありましたら、宿屋名・担当者名を書きとめておいてください。それを書面にて大阪の松屋源助までお送りいただければ、すぐにでも浪花講の看板を取り上げ、定宿を変更します。(結構きつい内容である。訳:たろべえ)

とあり、また、旅人御心得には(お客さんが注意すること)

 一、諸法度の懸勝負被成(かけしょうぶなされ)候御客宿いたし不申候事

禁止されている博打賭博をやった人は泊めない

 一、遊女買被成候御客御宿いたし不申候事

遊女を買った客は泊めない

 一、宿にて酒もりいたし高声にて騒ぎ被成候御客御宿いたし不申候事

宿で酒盛りをして大騒ぎをする人は泊めない(普通に静かに飲むのはよい)

一、     御用向相済不用にて逗留被成候御客御宿いたし不申候事

用が済んだらさっさとチェック・アウトして長く滞在しないこと

一、     定宿の心得は御客御着の節 当主火の用心の為見廻一間一間 夜中行燈の燈火きれざるよう油つぎ方沢山にいたし置事

宿泊客が寝た後、主人が、火の用心のため、各部屋を見回り、夜中に行灯の火を切らさぬように油をつぎたす

以上のような規則があった。想像するに、講元は《浪花講》に加盟する旅籠から、看板料(加盟料)をとっていたかもしれない。送客手数料については、不明だが、『浪花組道中記』や『浪花講定宿帳』の発行により、現在の印税収入があっても不思議ではない。おそらく《浪花講》は、旅人に「鑑札」を販売してものと推定できる。いずれにしても「協定旅館」のシステムや「団体旅行」取り扱いの旅行業の原型が、できあがっていたのはまちがいない。

Photo_2 

|

« 西伊豆《堂ヶ島》へ行ってきました | トップページ | 【にっぽん 旅の文化史】江戸時代の旅籠・協定看板はいくつあった?《新居宿 紀伊国屋》 »

江戸時代の旅」カテゴリの記事

コメント

たろべえさん 協定の看板というのはきがつきませんでした。観光地のホテルにとまってもあんまり目にしませんが。ともかく江戸時代に旅行会社的な組織が確立したわけですね。講と言うと ねずみ講が頭に浮かびますが旅行とは関係ないですか。

投稿: 通りすがりの旅商人 | 2007年11月23日 (金) 11時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177442/17146418

この記事へのトラックバック一覧です: 【にっぽん旅の文化史】江戸時代の《浪花講》の看板は旅行会社の協定看板だった:

« 西伊豆《堂ヶ島》へ行ってきました | トップページ | 【にっぽん 旅の文化史】江戸時代の旅籠・協定看板はいくつあった?《新居宿 紀伊国屋》 »