« やめられない?《優先席での携帯電話》と、もっとアピール《おなかに赤ちゃんがいます》 | トップページ | 上野《寛永寺》と36坊 »

韓国冬ソナのロケ地《江原道》観光説明会

韓国の《江原道カン・ウォン・ド》の観光説明会が開催された。江原道の金振ソン知事も同行し、かなり気合の入った説明会となった。開会は、韓国の伝統楽器の横笛と二胡による「冬のソナタ」のテーマ演奏。ビデオ説明や伝統民謡「アリラン」の披露など、テンポよく進行した。出席者は、現地からの観光ミッションに加え、日本の旅行業界、航空会社、観光関連マスコミなど約150名で、新橋の第一ホテル東京にて開かれた。Vfsh0010_2

《江原道カン・ウォン・ド》は、首都ソウルの北西部に位置し、なんといっても韓流ブームの先駆け「冬のソナタ」のロケ地として有名だ。ドラマでもたびたび登場した春川(チュンチョン)、とくに南怡島(ナミソム)の杉並木やドラゴンバレー・竜平(ヨンピョン)のスキー場などがある。このブームのおかげで江原道への日本人観光客が、(とくに中年のご婦人と若い女性が)飛躍的にふえたことは、ご承知のとおりである。

たとえば春川(チュンチョン)までは、ソウル市内から約89㎞、車で1時間半程の距離だ。スキー場の竜平(ヨンピョン)リゾートまでは、約222㎞、約2時間半から3時間程だ。韓国でももっとも北に位置し、北朝鮮との国境も近い。

Photo

金知事によると、現在、江原道への日本人観光客は、年間37万人程度だが、これを2、3年で60万人に伸ばしたいそうだ。韓国ドラマや映画のロケ地に多く使われるほど、この地域は四季の風景が美しい。雪岳山(ソラクサン)は以前から有名だ。また秋には、松茸の採れる襄陽(ヤンヤン)もある。目下、江原道は、2018年の冬季オリンピックを誘致しようという計画がある。スキーリゾートもたくさんあるのだ。

九州の高校の数校が「スキー修学旅行」を江原道で実施しているとのこと、やはり信越や東北・北海道へ行くより、近いからだろう。

観光説明会だが、驚いたことに、5ディッシュのコース料理が供された。

さて、魅力ある江原道だが、このところのウォン高・円安が気がかりである。これはかなりネックになる問題で、このままの状態なら、韓国への日本人観光客が、伸び悩むことは間違いない。(勝手だが、早く円高に推移しないかと思う)

    問合せ 日本 江原観光事務所(福岡)TEL092(481)8177

※資料・画像提供:江原道庁観光マーケティング部(韓国)、写真:たろべえ撮影)

1_2  2

|

« やめられない?《優先席での携帯電話》と、もっとアピール《おなかに赤ちゃんがいます》 | トップページ | 上野《寛永寺》と36坊 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177442/16950430

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国冬ソナのロケ地《江原道》観光説明会:

» 北 陽 高校調査隊 [北 陽 高校ファンクラブ]
北 陽 高校のリンク集形式のサイト情報です。の情報収集にお役立てください。 [続きを読む]

受信: 2007年11月 3日 (土) 03時00分

« やめられない?《優先席での携帯電話》と、もっとアピール《おなかに赤ちゃんがいます》 | トップページ | 上野《寛永寺》と36坊 »