« 【にっぽん 旅の文化史】江戸時代の旅行ガイドブック《旅行用心集》 | トップページ | 【にっぽん 旅の文化史】《旅行用心集》その2 »

ご近所グルメ《刀削麺荘 祥龍房》

 会社の近くに新規オープンした「刀削麺(とうしょうめん)」の店に行ってきた。刀削麺は、中国の中央より北部に位置する山西省(さんせいしょう)の名物。最近、テレビでもよく取り上げられるが、水で練った小麦粉を直径15㎝くらい、長さ30㎝程度の塊(かたまり)にして手で持ち、くの字に曲がった包丁で、削りながら、煮え立ったお湯の鍋に投げ飛ばすという、作り方である。この店では、実演は残念ながら見ることはできない。うどんよりも山梨の「ほうとう」や「ひもかわうどん」のような食感である。Vfsh0054

Vfsh0055

しかしこれはうまい。「海鮮刀削麺」を食べたが、エビ、イカ、ホタテに白菜やネギなどの野菜もたっぷり。あっさりした塩味のスープ。中国の人の胃袋に合わせてあるようで、ボリューム満点だ。麺というより、パスタだ。麺の大きさは、一定していないが、幅2㎝長さが5、6㎝といったところ。しこしこ感がある。この麺が次から次へ出てくる感じだ。

お店は《祥龍房(しょうりゅうぼう》という。外の看板は「刀削麺荘 祥龍房」とある。黒を基調にしたディスプレイで店内も落ち着いている。東京の下町、

墨田区

にある。ランチタイムにはごはんものの定食も各種あるが、やはり刀削麺だろう。

海鮮刀削麺840円/牛バラ薬刀削麺900円/タンタン刀削麺840円/すっぱい辛味刀削麺(激辛)700円/チャーシュー入り刀削麺750円/野菜刀削麺750

Vfsh0057

都営浅草線「本所吾妻橋」駅、徒歩2分

    祥龍房(刀削麺荘)

   

東京都墨田区吾妻橋2-2-8

(藤原ビル1階)

    TEL03(3625)1978

    営業時間/11:3014:30 17:3022:00(休みは原則なし)※写真:たろべえ撮影

Vfsh0056

|

« 【にっぽん 旅の文化史】江戸時代の旅行ガイドブック《旅行用心集》 | トップページ | 【にっぽん 旅の文化史】《旅行用心集》その2 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

たろべえ様
お初です。お話しの祥龍房は恐らく、刀削麺荘というチェーン店です。このチェーンは山西省ではなく、西安料理ですね。(せんせい省)本場中国ではスープで食べるよりも、トマトソースで合えたり、マーボー豆腐のようなソースで刀削麺を食べるのが一般的です。日本人に親しみやすいようにスープで食べるメニューができたものと思われます。ご参考まで。

投稿: とうしょう麺 | 2008年1月11日 (金) 18時56分

とうしょう麺さん、コメントありがとうございました。

こちらの刀削麺は、西安でしたか。西安には行ったことがあるのですが、まったく気がつきませんでした。アドバイスありがとうございます。

 それからトマト・ソースにからめて食べるなんて、まさにポモドーロというか、イタリアのパスタと同じですね。食べてみたいと思います。

投稿: もりたたろべえ | 2008年1月11日 (金) 23時29分

10月初めに祥龍房さん近くに西安刀削麺という店がオープンしていました~
気になっていたので、先日食べに行きました。
本格中華と言う味わいで、特に餃子と麻辣刀削麺は絶品
でした。近所にこんな店があったとは・・・
ちょっとした驚きでした。
また食べに行きたいです。
お酒も飲めました~(笑)

投稿: 浅草花子 | 2011年11月 3日 (木) 16時56分

浅草花子様noodle
コメントありがとうございます。
西安刀削麺ですね。行ってみたいですね。

投稿: もりたたろべえ | 2011年11月 8日 (火) 13時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177442/17641818

この記事へのトラックバック一覧です: ご近所グルメ《刀削麺荘 祥龍房》:

« 【にっぽん 旅の文化史】江戸時代の旅行ガイドブック《旅行用心集》 | トップページ | 【にっぽん 旅の文化史】《旅行用心集》その2 »