« 【玉くしげ】箱根編は、しばし休憩 | トップページ | 《玉くしげ》を読む【ちょっと寄り道】箱根へ到着 »

下町の演歌歌手、実はラーメン屋のご主人《有明貴志》

 会社の近くに行きつけの中華料理屋がある。チャンポンや九州ラーメンを得意とする「ありあけ」である。ここのマスターが、有明貴志さん。最近、徳間ジャパンから、新曲《笹川流れ》のCDを出した。つまり、演歌の歌手でもある。Vfsh0016_2

 

私は、この有明さんを実は、何年も前から応援している。普段はラーメン屋のご主人として、中華鍋をふるい、人気のチャンポンや野菜炒めをつくる。上品とか高級ではないけれど、まさに庶民の味がする。そして、下町の歌謡ショーなどのイベントや出張ステージがあると出掛けて行く。

この有明さん、本人にきけば、出身地の熊本県玉名市で、高校卒業後、農協職員を経験し、兄を頼って上京。自動車工場に勤めた後、22歳で料理学校に入学。調理師免許を取得し、数々の有名中華料理店で修行、独立した。商売が軌道に乗った1995年、《夫婦がらす/この街・盛り場》でデビューした。中年になってからの遅咲きの歌手だ。たまたま、店のお客さんだった音楽プロヂューサーと、一緒に行ったカラオケクラブで、彼は、有明さんの歌にほれ込み、歌手の道を勧めたという。

その後、2作目が1997年「夫婦ごころ/浮世舟」。3作目は2000年「スッカラカン節/望郷にごり酒」。4作目は2002年「てんてん流転の渡り鳥/こころ酒」と続く。そして待望の新曲が

2008年2月発売の《笹川流れ》である。

 Photo                     人の噂に 誘われながら 

 

  やって来ました 海府浦(かいふうら)

  今日の湯宿(おやど)は 瀬波に決めた 

  沈む夕日の 素晴らしさ

  ここは新潟 笹川流れ (作詞:北原綜 作曲:富山憲)

 「笹川流れ」は、新潟県の村上に近い日本海の景勝地だ。すくそばには、歌詞にもあるように「夕陽」で有名な瀬波温泉がある。魚もうまい。肌にやさしい温泉もよい。そんな、笹川流れのご当地ソングを歌うことになったのも、有明さんのお兄様が新潟在住の方で、いつかこのすばらしい景色を演歌にしたいという、永年の夢があったからだそうだ。

 人生のせつなさや人の心のわびしさ、男女の恋のはかなさは、やはり有明さんくらいの年齢にならなければ、なかなか歌いこなせないと思う。様々な職業の経験やいままで歩いてきた、浮き沈みの多き道のりが、きっと本当の意味で、きく人の胸を打つのかもしれない。

 有明さんは、また、「歌手」で生計を立てるつもりなど。毛頭ないと、いう。

 「自分はラーメン屋のあるじで結構。機会があれば、大勢の人の前で歌い、お客さんの心をなごませたいだけです」、ともいう。

さらに、いつものマスター(有明貴志)の口癖は、

「たろべえさん、私はね、親が平気で自分の子を殺してしまったり、子も親を刃物で傷つけたりする。こんな殺伐(さつばつ)とした世の中になってしまったのは、親子の絆(きずな)が足りないからだと思う。愛が不足していると思います。だから、そんな気持を大事にする歌を、いつか歌ってみたいと、いつも思っているんですよ」

そんな有明さんを応援しています。(「ありあけ」は東京都墨田区にあります)

|

« 【玉くしげ】箱根編は、しばし休憩 | トップページ | 《玉くしげ》を読む【ちょっと寄り道】箱根へ到着 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177442/40283756

この記事へのトラックバック一覧です: 下町の演歌歌手、実はラーメン屋のご主人《有明貴志》:

» mixiで金儲け [mixiで金儲け]
みなさんはじめまして。 私は今までネットで稼ぐことができるなんて知りませんでした。 しかしネットで稼ぐ方法があるんです。それがアフェリエイトです。しかもとても簡単にできます。 そんな耳寄りな情報を思い切って公開したいと思います。 それが この方法です この方法は今話題のmixiを利用するんですが、うまくいけば月収30万も夢ではありません。是非試してみてください。。。...... [続きを読む]

受信: 2008年2月27日 (水) 09時25分

» 瀬波温泉 [瀬波温泉]
瀬波温泉 [続きを読む]

受信: 2008年3月 6日 (木) 07時55分

« 【玉くしげ】箱根編は、しばし休憩 | トップページ | 《玉くしげ》を読む【ちょっと寄り道】箱根へ到着 »