« 《玉くしげを読む》【その24②】金沢八景の宿 | トップページ | 《玉くしげを読む》【その25】金沢八景から川崎宿へ »

《玉くしげを読む》【番外編】金沢八景

 延宝五年1673)、明(中国)から渡来した僧・心越禅師が、金沢の「能見堂」で、風光明媚なこの地を、『金沢八景』として、漢詩を読んだ。それを紹介しよう。

広重の絵図で見ると。視覚的で美しく理解しやすい。

「hakkei.xls」をダウンロード

州崎の晴嵐(すざきのせいらん)

州崎の松並木が強風・嵐で揺れて音を立てている様子

瀬戸の秋月(せとのしゅうげつ)

瀬戸橋のあたりから秋月を眺めた風景。

小泉の夜雨(こずみのやう)

金沢文庫の南を流れる宮川付近、夜の雨。

乙鮋の帰帆(おっとものきはん)

乙舳海岸に帰ってくる帆掛け舟の景色。金沢あたりの海岸が船の「とも」の形をしていたのでそう呼ばれたという。

平潟の落雁(ひらかたのらくがん)

平潟湾に雁が飛来する様。明治初期まで塩田で塩を焼いていたという。

野島の夕照(のじまのせきしょう)

夕日に映える野島の漁村の風景。

内川の暮雪(うちかわのぼせつ)

内川橋から鷹取山などの連山を取り入れた雪景色。

称名の晩鐘(しょうみょうのばんしょう)

称名寺から聞こえてくる鐘の音。(国の重要文化財)

※広重「金沢八景」は、横浜市金沢区役所提供

Top_susaki_2 

Top_seto_2

          

Top_koizumi_2                            Top_ottomo_2                            

Top_hirakata_2 Top_nojima_2                                                                                                                                                                                                                                                            

Top_uchikawa_2 Top_syoumyou_2                               

|

« 《玉くしげを読む》【その24②】金沢八景の宿 | トップページ | 《玉くしげを読む》【その25】金沢八景から川崎宿へ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 《玉くしげを読む》【その24②】金沢八景の宿 | トップページ | 《玉くしげを読む》【その25】金沢八景から川崎宿へ »