« ご近所グルメ《中華そば つし馬》煮干らーめん本格派 | トップページ | ご近所グルメ 浅草《来集軒》昭和のレトロな中華そば »

ご近所グルメ 浅草《横浜家系らーめん 潤家

 最近のうまいラーメンに「横浜家系(よこはま・いえけい)」という系統がある。きちんと、この系統を名乗っているのが、《横浜家系らーめん 潤家(じゅんや)》である。

浅草の「すしや通り」、名物・女将の日本ソバ屋「十和田」や中華の老舗「あづま」の向かいにある。ビルの地下のため。多少わかりにくい。開店は2007年冬。

Vfsh0146 Vfsh0147 

 

正統派「家系」ラーメンの特徴は、まず醤油豚骨のスープ。そして太麺だ。ここ潤家は、階段を下り、店内入口の券売機で食券を買う。

店員さんが、“お好みはありますか?”ときいてくれる。家系では、①麺の茹で具合(固め、普通、やわらかめ)、②味の濃さ、③油(鶏油の量)等に注文をつけてよいことになっている。もちろん、はじめてなら“おまかせで”とか“普通でおねがいします”と答えればよい。

 

ここでは「ラーメン」700円を食べる。豚骨と鶏ガラを1日250㎏も大きな寸胴で煮込むスープは、醤油との相性がよい。旨みとコクがある、醤油とんこつである。表面に鶏油が泳ぎ、なかなか冷めにくい。麺は太麺で、スープによく絡む。具は大きな海苔が3枚、とろけるようなチャーシュー大2枚に、たっぷりの九条ネギ。おいしいラーメンだが、ちょっとお年寄には、しつこいかもしれない。(ランチタイムは、中盛・大盛か小ライスがサービスなので、迷わずライスを注文)

Vfsh0145_2

 店員さんは、前述のようにお客の顔を見ながら、好みをきいてくれるし、親切だ。しかし、場所がいまいちだ。地下の店舗のため、ラーメン屋さん特有の熱気や油の匂いが抜けきらない。おそらくこういった店は、夜中、大きな東京のねずみ達の棲家になっているのではないだろうか。

 店内には、「ジャンボラーメン(5,000円)」を時間内に制覇した「つわもの」の名前が貼り出してある。「潤家特性らーめん(800円)」は、劇辛の真っ赤なスープ。そのほか、「つけ麺」もおすすめとのこと。深夜まで営業しているので、「のんべい御用達」の店でもあるらしい。(写真:たろべえ撮影)

    横浜家系らーめん 潤家

    東京都台東区浅草1-12-8(浅草駅から徒歩7、8分のすしや通り)

    TEL03(3841)5188

    営業時間/月~土 11:00~翌朝04:00 日 11:00~翌朝02:00 

【追記】平成20年10月、再訪しましたが、閉店しておりました。やはり地下の店舗はダメです。実際に昼間、ここの店内で大きなネズミを見たこともありました。油まみれのにおいもこもっていましたね。衛生面で問題がありまた。味がよくても気配りのない店でした。残念でした。

【追記】残念ながら平成20年10月に再訪したら、「閉店」しておりました。やはり地下のお店はダメですね。ここの店内では、ねずみも実際に見ました。においもこもっていて、衛生面では落第の店でした。

|

« ご近所グルメ《中華そば つし馬》煮干らーめん本格派 | トップページ | ご近所グルメ 浅草《来集軒》昭和のレトロな中華そば »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177442/41579080

この記事へのトラックバック一覧です: ご近所グルメ 浅草《横浜家系らーめん 潤家:

» ネットで稼ごう [アフィリエイトで儲けよう]
はじめましてまりたまぽんです(。∀。) いきなりですがお小遣い稼ぎの詳細をお教えしますね♪ ちょっと長くなってしまいますが、がんばって詳しく書いた結果ですのでご了承ください。。 まずはじめに覚えておいてほしいのは、 『1円もかけずにスタートできて、最初の1ヶ月で30万円は稼げる!』 ということです(人)♪♪ 実際そーだったんですから! そ...... [続きを読む]

受信: 2008年6月19日 (木) 14時40分

« ご近所グルメ《中華そば つし馬》煮干らーめん本格派 | トップページ | ご近所グルメ 浅草《来集軒》昭和のレトロな中華そば »