« ご近所グルメ 浅草《大勝館》で大勝軒の「つけ麺」を | トップページ | 東武特急スペーシア車内限定販売のお弁当《福を包むお弁当》 »

ご近所グルメ 浅草《浅草坦坦亭》おいしい担担麺食べた

 担担麺、担々麺、坦坦麺、坦々麺と漢字の表記には、いくつかあるようだが、どうやらタンタン麺は【担担麺】と書くのが正当のようである。中国四川省の成都が発祥の地とされる担担麺は、天秤棒の後ろに鍋や七輪を、前方に麺や各種調味料をつるし、肩で担(かつ)いで売り歩いていたといわれる。元々は、茹でた麺の上に山椒、唐辛子、練りゴマ、ネギ、豚挽肉をのせたもので、汁(スープ)はなかったそうだ。「担担」とはまさに「天秤棒」を意味するともいう。

Photo

 この【担担麺】を日本に広めたのは、麻婆豆腐と同様に四川省出身の有名料理人・陳建民さんだそうだ。ご承知のように、日本では、汁(スープ)がある。

 

 さてさて、浅草に今年(2008年)3月、この【担担麺】に特化した店がオープンしている。なぜか《浅草坦坦亭》という。そしてこの店で提供されるのは【坦坦麺】である。スープは、醤油だれ、芝麻醤(チーマージャン:練りゴマダレ)、ラー油もすべて手作り。麺は、スープに絡みやすい細麺だ。若干、硬茹でだ。チンゲン菜としゃきしゃきの「もやし」、刻みねぎが入る。麺の上には、豚ひき肉の辛味噌がのる。

辛さは、選べて6段階ある。①通常、②辛い、③強辛、④燃辛、⑤激辛、⑥最辛以上の六つである。最初なので、②の「辛い」を食べた。やはり辛いが、スープのうまさは、後(あと)をひく。夜なので、生ビールも注文。いままで食べてきた、そこかしこの「タンタン麺」が、いい加減に思えてくる。たっぷり汗をかくことは覚悟して、タオル地のハンカチ持参で行こう。

 メニューは、坦坦麺850円)、冷し坦坦麺850円)、つけ坦坦麺900円)、中華麺

700円)、ジャージャー麺(800円)とある。オプションとしては、「トッピング」もあり、赤ニンニク辛味噌(100円)、黒一味辛味噌(同)、青ねぎ(150円)、煮玉子および半熟玉子(100円)だ。夜は、お酒も置いてあり、タンタン麺居酒屋になる。

(写真:たろべえ撮影)

           浅草坦坦亭

           東京都台東区浅草1-7-6(浅草駅から5分)

           TEL0338422778

           営業時間/月~金17:0004:00 土11:3004:00 日・祝11:3022:00

Photo_3

Photo_2

|

« ご近所グルメ 浅草《大勝館》で大勝軒の「つけ麺」を | トップページ | 東武特急スペーシア車内限定販売のお弁当《福を包むお弁当》 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

3月8日(日)の昼ころ行ったら
営業時間変更の張り紙が張ってありました。

平日のランチタイムに営業してくれるのは
ありがたいですが、浅草という観光地なのに、
日曜日は定休日になったそうです。
詳細をメモしてきませんでしたが、日曜日
に行かれる方はご確認を。

投稿: | 2009年3月14日 (土) 15時33分

「営業時間変更」の情報、ありがとうございました。
さっそく確認して、アップします。noodlenoodlenoodlenoodlenoodlenoodle

投稿: もりたたろべえ | 2009年3月15日 (日) 13時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177442/41957989

この記事へのトラックバック一覧です: ご近所グルメ 浅草《浅草坦坦亭》おいしい担担麺食べた:

« ご近所グルメ 浅草《大勝館》で大勝軒の「つけ麺」を | トップページ | 東武特急スペーシア車内限定販売のお弁当《福を包むお弁当》 »