« 【にっぽん 旅の文化史】《新河岸川舟運》その1 | トップページ | ご近所グルメ 浅草《大勝館》で大勝軒の「つけ麺」を »

ご近所グルメ 浅草《つけ麺工房 浅草製麺所》まさに手打ちうどんの食感

 ラーメン界へ新風を吹き込む「よってこや」チェーンが、2007年浅草にオープンしたのが、《つけ麺工房 浅草製麺所》。ちょっとレトロな店づくりと京風ラーメン屋台味を身上にして、京阪神や首都圏に100店舗以上チェーン展開をしているそうだ。

 さて、浅草製麺所だが、ラーメン激戦区の言問通りに面している。黒字に赤を基本とした外観は、かなり目立つ。昼時には、次から次へお客が入ってきて、ほとんどの人が「醤油味のごんぶとつけ麺」を注文する。まれに目下店頭の垂れ幕で宣伝中の「炎のつけ麺」を頼む人もいる。ここは迷わず、醤油味のつけ麺を食べることにした。

 店内の説明書きには、つぎのように「お断り」がある。

【ごんぶと麺】

自家製‘非熟成極太麺’。通常、麺は製麺後に熟成させてコシを出しますが、当店の麺は出来たて&自家製が旨さの秘密。厳選した小麦粉の風味と非熟成ならではのソフトな口当たり。しっかりとしたコシが特徴です。天然のかんすい、モンゴル産岩塩などの素材にこだわり、もちろん保存料や香料は一切使用してません。

【スープ】

豚ゲンコツ、鶏ガラ、鶏もみじに香味野菜を加えて長時間煮出した後、濃いダシのとれる老鶏と豚背脂で仕上げた手間ひまかけたスープ。

タレは、大量の豚バラを香味野菜と共に煮込んで油分を取り除き、煮詰めて完成。更に超濃厚和風節油を加えてコクを引き出します。

 さっそく「ごんぶとつけ麺」の醤油味、中盛(680円)である。ちなみに並盛350gと中盛525gは同じ価格で大盛700gは100円増しだ。スパゲティー皿に盛られた麺は、かなり大目だ。太麺ではあるが、秋田の「稲庭うどん」のような感じである。ラーメン(つけ麺)でありながら、手打ちうどんの食感。さすがに「製麺所」を名乗るだけのことはある。

添えられたどんぶりのつけ汁は、海苔と刻みネギにやわらかい「炙(あぶ)りチャーシュウ」が入る。ここに大量の麺をつけて食す。このスープの味は、ウンチク書のように、動物系とは思えない、野菜の甘さや酸味がある。一味も効かせて、ピリッとする。なかなか吟味されている。癖になるうまさといっていいだろう。醤油味のほか、味噌味に辛味があり、麺には、唐辛子を練りこんだ炎のつけ麺もある。次回に挑戦と決めた。

Vfsh0109

(写真:たろべえ撮影)

        つけ麺工房 浅草製麺所

        東京都台東区浅草6-9-4(浅草駅から7、8分)

        TEL:03(5824)9599

        営業時間/11:00~深夜03:00(年中無休)

Vfsh0112

Vfsh0107

|

« 【にっぽん 旅の文化史】《新河岸川舟運》その1 | トップページ | ご近所グルメ 浅草《大勝館》で大勝軒の「つけ麺」を »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177442/41942278

この記事へのトラックバック一覧です: ご近所グルメ 浅草《つけ麺工房 浅草製麺所》まさに手打ちうどんの食感:

« 【にっぽん 旅の文化史】《新河岸川舟運》その1 | トップページ | ご近所グルメ 浅草《大勝館》で大勝軒の「つけ麺」を »