« 《一蘭》全国展開をはかる「こだわり」の博多ラーメン | トップページ | ご近所グルメ 浅草《手打ちうどん 叶屋》浅草で「さぬき」うどん »

ご近所グルメ 浅草《ARIZONA KITCHEN》これぞ下町の洋食屋

 「浅草」を紹介するほとんどのガイドブックに紹介されているのが《アリゾナ キッチン》である。作家の永井荷風(1879~1959)が、晩年、ほぼ毎日のように通い、“窓際の席にすわり、ビールとビーフシチューを注文した”という、伝説の店だ。昭和24年開業で、店内は古き西部のアメリカである。もちろん荷風のモノクロ写真が、大判で飾られている。西洋の小物もディスプレイされていて、洋食屋というより、西部劇に出てくる駅前のバーのような店内だ。

Photo

 ランチタイムなので「チキンピカタ」(840円)を注文。世間でいわれているように、ご主人ときれいな奥様は、あまり愛想がよくない。(と、いうより余計なことは言わない店なのだと思う)まず、カップのスープが出る。次にピカタだ。鶏のもも肉をたたいて薄く伸ばし、チーズとタマゴに小麦粉の衣をつけてフライパンで焼いたものだ。結構ボリュームがあった。トマトソースや塩・胡椒が絶妙だ。ドレッシングのかかった刻みキャベツとトマトのサラダも添えられている。しかしライスは少ない。あとで知ったが、ここアリゾナでは、ライスより「パン」にすべきだと、ものの本に書いてあった。浅草で有名なパン屋さん《ペリカン》の「ロールパン」を提供しているそうだ。

Photo_2

 本当は、チキンの煮込み料理「荷風先生お好み チキン・レバークレオール」(1,260円)を食べるべきだったが、どうしてどうして「チキンピカタ」もうまかった。浅草の古きアメリカに出会える店だ。また行きたい。

(写真:たろべえ撮影)

        ARIZONA KITCHEN(アリゾナ キッチン)

        東京都台東区浅草1-34-2(東武浅草駅徒歩2分)

        TEL:03(3843)4932

        営業時間/11:30~14:30 17:00~21:00頃(月曜休み)

1

Photo_3

|

« 《一蘭》全国展開をはかる「こだわり」の博多ラーメン | トップページ | ご近所グルメ 浅草《手打ちうどん 叶屋》浅草で「さぬき」うどん »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177442/42224649

この記事へのトラックバック一覧です: ご近所グルメ 浅草《ARIZONA KITCHEN》これぞ下町の洋食屋:

« 《一蘭》全国展開をはかる「こだわり」の博多ラーメン | トップページ | ご近所グルメ 浅草《手打ちうどん 叶屋》浅草で「さぬき」うどん »