« ご近所グルメ 浅草《モンブラン》なんだかなつかしい【ハンバーグ】 | トップページ | 《ゲリラ雷雨》 »

ご近所グルメ 台東区《博多らーめん 三社塾》鶯谷・入谷の名店

 2004年オ-プンの本格的な「博多ラーメン」の名店とラーメン通の間で評判だそうだ。そこで帰りがけ、遠征した。山の手線・京浜東北線の鶯谷(うぐいすだに)駅南口から徒歩5分、すぐに見つかった。

Photo_2 0007

 食券を買う。ここは博多のとんこつラーメンが看板で、売りは3種類ある。

    雷らーめん:博多本場の味(とんこつしょう油味)、通称「赤」630円。

    風らーめん:とんこつ塩味、通称「白」630円。

    辛味味噌らーめん、通称「みそ」780円。

Photo_3

迷わず基本の「赤」(雷らーめん)を注文。ここでは、食券をカウンターに置くと、

麺の“ゆで加減”をリクエストできる。5段階である。

「粉おとし」:麺の粉を落として、湯にくぐらせるだけの超かたゆで

「バリカタ」:とてもかため

「かた」:かため

「ふつう」:およそ20秒の普通のゆで

「やわ」:やわらかめ

 店主の伊藤さんにうかがうと、「粉おとし」は九州の人には常識だが、関東のお客さんには、あまりおすすめできないとのこと。なぜなら、本当に製麺所から届いたままの丸まった麺なので食べにくいそうだ。今回は「ふつう」のゆで方でお願いした。

8

 もちろん濃厚なとんこつスープだ。臭みもなく、クリーミーでうまい。麺は細い平打ちである。チャーシューや刻みネギのほか、余分な具材は入っていない。テーブルにはピリ辛もやしと紅しょうが、生ニンニクなどが常備されており、自由にトッピングできる。うわさによれば、味は抜群だが、接客が悪いとのことだった。どうしてどうして、ご主人も若奥さんも気持よく、迎えてくれた。味といい、接客マナーといい、また来たいと思った。(写真:たろべえ撮影)

■博多らーめん 三社塾(さんじゃじゅく)

■東京都台東区根岸3-3-18JR

鶯谷駅

南口徒歩5分、メトロ日比谷線

入谷駅

徒歩8分)

TEL03(3874)8429

■営業時間/11:0014:00 17:0021:00(日曜・祝日定休)

※スープがなくなり次第終了

|

« ご近所グルメ 浅草《モンブラン》なんだかなつかしい【ハンバーグ】 | トップページ | 《ゲリラ雷雨》 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177442/42301129

この記事へのトラックバック一覧です: ご近所グルメ 台東区《博多らーめん 三社塾》鶯谷・入谷の名店:

» ユナイテッドワールド証券 とNISグループ ローン [ユナイテッドワールド証券 とNISグループ ローン]
ユナイテッドワールド証券 とNISグループ ローン [続きを読む]

受信: 2008年8月28日 (木) 17時04分

» 鶯谷駅。 [鶯谷 ホーホケキョ]
鶯谷の駅には、うぐいすの泣き声がながれているんですね! [続きを読む]

受信: 2008年8月28日 (木) 17時34分

« ご近所グルメ 浅草《モンブラン》なんだかなつかしい【ハンバーグ】 | トップページ | 《ゲリラ雷雨》 »