« 《江戸と浅草・その文化》その3〔江戸料理事情 続き〕 | トップページ | 浅草今昔展記念フォーラム《江戸と浅草・その文化》その4 »

ご近所グルメ 浅草《ステーキハウス のぶ》絶品オムライス

125  東京浅草は、いわゆる下町のおいしい洋食屋の宝庫である。お店の名前をあげればきりがないが、今回は、「なかなかほかではたべられない、絶品オムライス」の登場。ランチタイムには、いつも満席だ。雨もようの日は、観光客も少なく狙い目だ。中に入ると、ウナギの寝床でカウンターに10席程度の小さな店だ。ご夫婦で店を切り盛りしているようだ。とくに愛想がよいわけではないようだが、席につくと、ご主人が「おすすめは、オムライス、ハンバーグ、ステーキです」と、自信のあるコメント。

 ここは迷わず、オムライスを注文する。当然、オープンキッチンだから、「仕事」が見える。小さな使い込まれたフライパンで、ささっとごはんを炒める。あらかじめ溶いてあるタマゴでしっかり覆う。平日のランチタイムには、小さなグラスワイン、漬物そして「牛汁」(牛すじ肉が入ったみそ汁)がつく。840円。

 オムライスは、半熟とか、とろっとしたものではない。昔ながらのしっかりしたタマゴで炒めたライスをカバーしたものだ。上にかかったトマトケチャップも甘すぎず・・・という感じ。食べ進むうちに、やはり驚くのは、オムライスの中に「ビーフシチュー」が入っていることである。さすがにステーキハウスだけあって、結構大きなかたまりでやわらかい牛肉が出てくる。帰りしなに、店の外の看板をしみじみ見たら“じっくり煮込んだビーフシチュー入り「特製オムライス」”と書いてあった。おおげさではなく、食べ応えのあるお店だ。だまされたと思って、一度は「オムライス」を経験していただきたい。

■ステーキハウス浅草のぶ

■東京都台東区浅草1-36-7(浅草駅徒歩3分、伝法院通り)

TEL03(3845)4173

■営業時間/11:0014:30 17:0021:00(火曜お休み)

Photo

129

128

127

|

« 《江戸と浅草・その文化》その3〔江戸料理事情 続き〕 | トップページ | 浅草今昔展記念フォーラム《江戸と浅草・その文化》その4 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

もりたたろべえ様、はじめまして。やそちゃんと申します。
浅草界隈のグルメ情報を検索中に、こちらのブログに立ち寄らせていただきました。
私の住まいは浅草からバスで20分程の割とご近所でして、昔からよく買い物や食事をしに出かけてはいましたが、10月11月と浅草寺裏で興行中の平成中村座で仕事をするものですから、せっかく浅草に通うのだからランチを楽しみたいなぁと思っています。
もりたたろべえ様のわかりやすい解説を参考にさせていただいて、いろいろ行ってきます!

投稿: やそちゃん | 2008年10月 3日 (金) 15時19分

やそちゃん
コメントありがとうございます。平成中村座とは、うらやましいですね。勘三郎さんを間近に見れますね。歌舞伎にも興味がありますが、木戸銭が高くて行けません。

 さてさて、浅草寺近くにもおいしいお店がたくさんあります。ブログに紹介していますので、参考にしてください。自分の舌で確かめて取材しています。

投稿: もりたたろべえ | 2008年10月 3日 (金) 23時31分

中村座は、毎日限定18名様で立見券が3000円で出てますよー。
2階の正面一番後ろでの観劇ですが、雰囲気を味わうのなら十分お楽しみいただけるかと思います。
ご都合よろしければ、是非ご利用くださいませ!

投稿: やそちゃん | 2008年10月 4日 (土) 21時20分

やそちゃん

ありがとうございます。平成中村座に「立見」があるのですね。なんとか挑戦してみます。

投稿: もりたたろべえ | 2008年10月 5日 (日) 05時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177442/42556055

この記事へのトラックバック一覧です: ご近所グルメ 浅草《ステーキハウス のぶ》絶品オムライス:

« 《江戸と浅草・その文化》その3〔江戸料理事情 続き〕 | トップページ | 浅草今昔展記念フォーラム《江戸と浅草・その文化》その4 »