« ご近所散歩 ちょいと浅草《六芸神》愉快な神様たち | トップページ | 《庭でやろう》東京メトロ10月のマナーポスター »

ご近所グルメ 浅草《翁そば》カレー南蛮うどんが最高

 浅草の伝法院通りが六区ブロードウエー通りに当たる手間の路地に《翁(おきな)そば》がある。下町の小さなそば屋さんだが、ここがうまい。「カレー南蛮うどん」がおすすめだ。600円。Vfsh0155

 「南蛮」というと、ベトナム、タイ、フィリピンなどの旧インドシナ地域のことだと思えば、江戸時代にはオランダ、ポルトガル、スペインなどのヨーロッパを指すこともあった。(南蛮貿易)しかし、おそば屋さんの世界では、「南蛮」は“唐辛子”や“ねぎ”のことらしい。なんだかよくわからない。しかも「カレー南蛮うどん」には「長ねぎ」を、「カレーうどん」には「玉ねぎ」を使うなんて、定義もあるらしい。これは非常に複雑になってきた。要はおいしいカレー味のうどんなのだ。

 0156《翁そば》の「カレー南蛮うどん」は、絶対に「そば」ではなく、「うどん」がよい。絶妙のカレー汁は、スープとよくマッチする太麺の「うどん」が合う。小麦粉とカレー粉のベースに和風のだしを加え、やわらかい鶏肉を入れて、玉ねぎも入る。最後に「片栗粉」でまとまる。いつまでも冷めないスープである。濃厚でとろみがあり、ぴりりと辛い。薬味の刻み(長)ねぎをのせる。最後までスープを飲み干すことができる。

 

お昼時には、近所で作業をしている職人さんもたくさんやって来る。常連さんも多いようだ。隣の見知らぬ若い衆は、カレー南蛮うどんの大盛に「お餅」を追加で注文していた。これは「カレー南蛮力うどん」という。なんだか病みつきになりそうなお店だ。0157

(※写真:たろべえ撮影)

(この店のマッチが結構クラシックだった。翁の絵)

■翁そば (普通の「もりそば」、「かけそば」は400円)

■東京都台東区浅草2-5-3(浅草駅から徒歩8分)

TEL:03(3841)4641

■営業時間/11:45~19:45(日曜休み)

Vfsh0159

|

« ご近所散歩 ちょいと浅草《六芸神》愉快な神様たち | トップページ | 《庭でやろう》東京メトロ10月のマナーポスター »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177442/42639586

この記事へのトラックバック一覧です: ご近所グルメ 浅草《翁そば》カレー南蛮うどんが最高:

» 【貿易】8月の貿易赤字、3240億円 26年ぶりの赤字に 輸出関連株に売り[08/09/25] [【究極の宗教】Physical Mankindism【PM】 by Humitaka Holii (堀井文隆)]
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1222309305/ [続きを読む]

受信: 2008年10月 1日 (水) 01時44分

« ご近所散歩 ちょいと浅草《六芸神》愉快な神様たち | トップページ | 《庭でやろう》東京メトロ10月のマナーポスター »