« ご近所グルメ 浅草【ラーメン食べ歩記総集編】 | トップページ | 《江戸名所判じもの》浅草・のれん専門店「べんがら」江戸がここにある »

ご近所グルメ 台東区《麺処 遊》ついにうわさの「煮干ラーメン」に出会った!!

 とにかくラーメン通の間でも、最近注目のラーメン店だそうだ。JR鶯谷駅南口から橋を渡って、すぐ左の場所にあるのだが、注意深く見ていないと通り過ぎてしまう。夕方なら隣の、にぎやかな「もつ焼き」の立ち飲み屋さんが目印だ。民家の店先に青い小さなのれんの《麺処 遊(めんどころ・ゆう》が、その店である。

50

会社帰りに寄ってみた。実は三度目の正直である。八月は、お店の長い休みがあり、閉まっていた。九月にも一度、会社帰りに行ったが、急遽、連休になっていた。そんなわけで、三度目にして、やっとうわさの「煮干ラーメン」に出会った。

《麺処 遊》には「中華そば」しか、ない。券売機でチケットを購入。600円。店の中には、イスが5席の小さな店内だ。中華そばが出てきた。「煮干」の香(こう)ばしい香りが漂う。少しかための中太麺だ。具はシンプルに、やたらとやわらくおいしいチャーシュー厚切り1枚と刻みネギだけだ。スープは、煮干を中心に、おそらく昆布、鰹節、鯖節に鶏ガラのようだ。ここ「遊」のラーメン(中華そば)は、飾りのない「麺」と「スープ」で勝負する。しかし、うまい。自家製の麺は、煮干のスープをよく吸い、少なめである。ちなみに「スープ増量」は100円増しだ。

0053

さて「煮干」のラーメンだが、浅草では、やはりこのブログでも取り上げた《つし馬》が名高い。「煮干」についてのウンチクは、その頁を参照してほしい。

http://tabikoborebanashi.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/post_0019.html

■麺処 遊

■東京都台東区根岸1-3-20JR鶯谷駅徒歩1分)

TEL080-6672-7111

■営業時間/平日 11:3020:30 土・日・祝日 11:3018:00

(材料が完売すると閉店)※お休みは不定期だが、結構多い(文中参照)

51 ※写真:たろべえ撮影 

|

« ご近所グルメ 浅草【ラーメン食べ歩記総集編】 | トップページ | 《江戸名所判じもの》浅草・のれん専門店「べんがら」江戸がここにある »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177442/42416223

この記事へのトラックバック一覧です: ご近所グルメ 台東区《麺処 遊》ついにうわさの「煮干ラーメン」に出会った!!:

« ご近所グルメ 浅草【ラーメン食べ歩記総集編】 | トップページ | 《江戸名所判じもの》浅草・のれん専門店「べんがら」江戸がここにある »