« 昭和のレトロ・東京神田《栄屋ミルクホール》ラーメンがうまい!! | トップページ | レストラン《華屋与兵衛》 »

《フェルメール》ばっかり

2067

 東京都美術館で『フェルメール展』が、8月2日から12月14日までのロングランで開催中。そのせいか、本屋さんの「美術書コーナー」に行ったら、フェルメールの本ばかりだ。もちろん小林頼子さんや星野知子さん、そして私も登場する「有吉玉青」さんの著作はいいのだけれど、10数冊も亜流がならんでいる。《フェルメール》ばっかりでまさに《フェルメール》がっかり。

それから最初に8点が来ることになっていたはずが、『絵画芸術』の展示が取りやめになり、7点になったとか・・・。ともかく全部で35点(もしくは30数点)しかない彼の作品の五分の一が来日というのは、さすがにすごいのだが、私、見たことがある作品ばっかりなので今さらという感もあり、まだ行っていない。

Vfsh0248_2 101                                                                              

200789日に玉青さんの本について書いた。文中で、彼女が参加した美術ツアーの添乗員は、私である。

《恋するフェルメール》有吉玉青著、白水社刊

http://tabikoborebanashi.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/post_a310.html

|

« 昭和のレトロ・東京神田《栄屋ミルクホール》ラーメンがうまい!! | トップページ | レストラン《華屋与兵衛》 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177442/42820422

この記事へのトラックバック一覧です: 《フェルメール》ばっかり:

« 昭和のレトロ・東京神田《栄屋ミルクホール》ラーメンがうまい!! | トップページ | レストラン《華屋与兵衛》 »