« 10年ぶりの再会 うまい塩ラーメン《山形家》@神田 | トップページ | ご近所グルメ 浅草《栃木家》豆腐ドーナツ »

ご近所グルメ 浅草《上州桐生らーめん 神山家》オープン

 浅草にあたらしくラーメン店《上州桐生らーめん 神山家(かみやまけ)》が、オープンした。実は、先日閉店した《麺家はっかい》の場所。平成20年10月8日午後5時、開店記念「しょうゆらーめん1杯100円・限定200食」に、6時半頃駆けつけたが長蛇の行列で断念。別に100円が魅力ではないため再度、翌日挑戦した。Vfsh0239

 外の券売機で食券を購入するシステム。やはり看板の「神山家らーめん しょうゆ」950円に決めた。ホールには元気のいい黒ティーシャツ(調理場も同じ、店のロゴ入り)のおねえさんが笑顔で迎えてくれる。

ところで「上州桐生らーめん」ってなんだろう。上州ラーメンといえば、辛味噌なのだが、こちら《神山家》は、「チャッチャ系」、つまり豚の「背脂(せあぶら)」を多用するラーメンの系統で、冬場寒い地域に多い。閉店した《麺家はっかい》もそうだった。食券を店員さんに渡すと、背脂の量を訊かれる。テーブルには、背脂ボードが置いてあり、“当店では脂(あぶら)の量をお好みでお伺いしています”と書いてあり、4段階でリクエストできる。Vfsh0233_edited

0・・・さっぱり背脂抜き

1・・・背脂一度振り

2・・・こってりしてます

3・・・こってりこれでもか!(チャッチャ系の特徴)

 さらに店内のメニューには、きちんと説明がある。

“当店のらーめんは、表面を覆う背脂が蓋(ふた)の役割をはたしています。熱々のまま食べられるスープには動物系だけではなく、「煮干し・鯵干し・昆布」などの魚介類も多く使用しています。仕込みには煮干しの内臓を取るなど丁寧に下処理をしているので旨味(うまみ)成分だけが抽出され魚特有の臭みを出さないように気をつけています。また、当店の特徴である「背脂」はお客様の好みに合わせてご注文時の「0~3」の4段階で選べるようになっています。その為、前回と違った味を楽しみたい方や脂が苦手な女性の方などにも安心して食べていただけるようにしています”

Vfsh0237

※残念ながら2011年閉店しました。

 「神山家らーめん しょうゆ」登場。大きなチャーシュー3枚、半熟タマゴ、メンマ、ワカメ、もやし、たくさんのコーンに山盛りの刻みネギだ。背脂は1で注文したが、こってりしている。スープは豚骨と魚介類の「だし」がきき、うまい。最初見えなかった麺は、中太だ。しかし、体が元気でないと完食できないかもしれない。それだけ勝負してくるラーメンとお見受けする。通常の「らーめん」しょうゆ・塩(680円)もある。

次回は「辛みそ」を食べたい。

        上州桐生らーめん 神山家(チャッチャ系)

        東京都台東区浅草2-13-3(TX浅草駅徒歩2分、浅草駅徒歩10分)

        TEL:03(3841)1399

        営業時間/11:30~14:30 17:30~24:00 水曜定休

※浅草ビューホテルの向かい

Vfsh0238

|

« 10年ぶりの再会 うまい塩ラーメン《山形家》@神田 | トップページ | ご近所グルメ 浅草《栃木家》豆腐ドーナツ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177442/42742172

この記事へのトラックバック一覧です: ご近所グルメ 浅草《上州桐生らーめん 神山家》オープン:

« 10年ぶりの再会 うまい塩ラーメン《山形家》@神田 | トップページ | ご近所グルメ 浅草《栃木家》豆腐ドーナツ »