« ご近所グルメ 浅草《そばダイニング 花みずき》なかなか、おしゃれだ | トップページ | ご近所グルメ 浅草《いさりび》小さなお寿司屋さん »

ご近所散歩 ちょいと浅草《浅草寺 五重塔》の謎

 職場から近いので、ほぼ毎日のように浅草寺の観音様におまいりする。あいかわらず外国人をはじめ、たくさんの参拝者だ。おまけにまもなく「本堂落慶50周年記念」の御開帳である。境内では、「浅草大観光祭」、江戸時代の娯楽の殿堂「奥山風景」が始まった。ひらたくいうと、江戸の土産物屋や見世物小屋、茶店などを再現した文化祭のようなものだが、なんとなくそぞろ歩きには楽しい。Vfsh0197

 ところで《浅草寺の五重塔》だが、創建は天慶〔てんぎょう〕五年(942年)といわれている。その後、何度か炎上し、江戸時代の慶安元年(1648)、三代将軍・徳川家光によって再建された。しかし、この「慶安五重塔」は、昭和20年(1945)3月10日の東京大空襲で惜しくも焼け落ちてしまった。現在の五重塔は、昭和48年(1973)に建てられたものである。これを「昭和五重塔」という。

 実は「慶安五重塔」と「昭和五重塔」とでは建っている場所が違う。雷門から仲見世を抜けた宝蔵門(仁王門)と本堂(観音堂)を結ぶ直線を軸とすると、現在の「昭和五重塔」は、本堂に向かって左側、西南の位置にあり、かつての「慶安五重塔」は、向かって右側の東南方向にあったそうだ。この五重塔の位置関係は、まさに軸を中心に対称(シンメトリー)にある。

 江戸時代の「慶安五重塔」は、木造で高さが33.18m。広重の「名所江戸百景」に描かれた冬の雪景色の浅草寺にも、しっかりと右側に五重塔がある。「昭和五重塔」は、戦災による焼失から28年後、再建されたが、鉄骨、鉄筋コンクリート造りとなり、高さも48.32mと高くなった。塔の最上層には、スリランカから贈られた仏舎利(聖仏舎利)が納められていることは有名だ。しかし、防災上の問題であろうが、木造にして再建されなかったのは悔やまれる。

 さて参道の東南方向、宝蔵門から本堂に向かって右側に、なんと「慶安五重塔」Vfsh0186 の位置を示す、御影石のプレートがはめ込まれている。15cm四方の小さなものだが、「塔」と刻まれている。なんとなくロマンを感じる。梅原猛先生の著作にも『塔』という作品があったなんて、思い出す。それはさておき、なぜ江戸時代の場所に再建されなかったのであろうか。謎である。どなたかご存知の御仁がいれば、ご教示願いたいものだ。

(参考:『図説浅草寺今むかし』金龍山浅草寺編集・発行 写真:現在の五重塔ほか たろべえ)

Photo

|

« ご近所グルメ 浅草《そばダイニング 花みずき》なかなか、おしゃれだ | トップページ | ご近所グルメ 浅草《いさりび》小さなお寿司屋さん »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177442/42675243

この記事へのトラックバック一覧です: ご近所散歩 ちょいと浅草《浅草寺 五重塔》の謎:

« ご近所グルメ 浅草《そばダイニング 花みずき》なかなか、おしゃれだ | トップページ | ご近所グルメ 浅草《いさりび》小さなお寿司屋さん »