« うまい!!武蔵野うどん《涼太郎》所沢 | トップページ | ご近所グルメ 浅草《味の工房 菜苑 本店》純レバとDXラーメン »

江戸時代の屋台様々《東都名所高輪廿六夜待遊興之図》

 広重の天保12年から13年(18411842)の作といわれる《東都名所高輪廿六夜待遊興之図(とうと・めいしょ・たかなわ・にじゅうろくやまち・ゆうきょうのず》がある。この二十六夜待というのは、江戸時代のお月見のひとつ。中秋の名月とは違って、旧暦の七月二十六日(新暦では8月後半から9月半ば)、深夜から明け方に出る逆さ三日月のことで、庶民は夕方から繰り出し、本来は念仏を唱えながら月に浮かぶ「阿弥陀三尊」を飲めやうたえやで、待ったそうだ。(高輪は、目の前に広大な海が開け、海原から上がる月を眺めるには絶好の場所として、有名な月見の名所であった)

Photo_2

 江戸時代のファーストフード、食物屋の屋台が、たくさん出ている。左から「汁粉(おしるこ屋)」、「ほおずき屋」、「だんご(団子)屋」、「麦湯(麦茶)屋」、「二八そば屋」、「天麩羅(天ぷら)屋」、「イカ焼き屋」、「水売り屋」、「寿し(すし)屋」、「水かし(水菓子)屋」。海に近い屋根付の店は、茶屋である。

 この絵で興味深いのは、庶民の男女が太鼓、鼓(つづみ)、三味線、拍子木を持ち、「宴会」に備えている仕草である。また、だんごの屋台では、串をくわえている男もいれば、「二八蕎麦」の屋台裏では、どんぶりを抱えてソバをすすっている男も。江戸前の新鮮な魚介類を素材にした天ぷらや寿司の屋台は、手づかみで食べる。右端の「水菓子屋」は、くだものを売っている。この当時のフルーツといえば、「マクワウリ」が王様。スイカもあった。

 このように江戸後期になると、屋台は一般的になり庶民の胃袋を満たしていく。とくに天ぷら屋などは、火を使うため、川べりや橋のたもとで商売をすることが多かったそうだ。(画像はクリックで拡大)

|

« うまい!!武蔵野うどん《涼太郎》所沢 | トップページ | ご近所グルメ 浅草《味の工房 菜苑 本店》純レバとDXラーメン »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

江戸時代の屋台様々 面白いですね。麦茶や冷水も売っていたのですね。きっと庶民の楽しみだったと言えます。今も縁日ってワクワクしますからね。

投稿: 通りすがりの旅人 | 2008年11月18日 (火) 21時40分

通りすがりさん

コメントありがとうございます。
「屋台」って本当に楽しくなりますよね。江戸時代もいまとあんまり変わってないんだと思います。

ただ食品衛生法かなんかで、戦後、屋台のすしは、なくなったみたいです。「屋台」の文化史、もう少し調べてみます。

投稿: もりたたろべえ | 2008年11月18日 (火) 22時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177442/43143565

この記事へのトラックバック一覧です: 江戸時代の屋台様々《東都名所高輪廿六夜待遊興之図》:

« うまい!!武蔵野うどん《涼太郎》所沢 | トップページ | ご近所グルメ 浅草《味の工房 菜苑 本店》純レバとDXラーメン »