« レトロな川越・大正浪漫通り《シマノコーヒー大正館》 | トップページ | ご近所B級グルメ 浅草《博雅》下町の中華料理 »

ご近所グルメ 浅草《いさりび》旬の魚でちょいと1杯

 浅草の小さなお寿司屋さん《いさりび》で旬のサカナを、ちょこっとつまんで、軽く1杯。おなかが減っていれば、好きな握りを1貫から出してもらえる。決して敷居が高いわけではない。もちろん築地で修行した人情あふれる大将に魚のウンチクをききながら、酒が進む。

Vfsh0379  

11月には、「〆さば」、「シマアジ」がおいしかった。鯖(さば)は、ブランドでもある関鯖や松輪もよいが、大将によれば新潟産もおすすめ。塩加減と酢で締める職人技が光る代物(しろもの)でうまい。秋から冬にかけての絶品。シマアジは、下田産だ。夏から秋までが旬だから、さっぱりした味だ。

Vfsh0380 

 12月、いよいよ本格的に寒くなってくると、どんどん魚がおいしくなる。人気のアンコウの肝は、握りでいただく。もちろん茨城の海からだ。海のフォアグラとは、よく言ったものだ。(それほど本物のフォアグラを食べたわけではないけれど)独特の旨みである。

 「メジマグロ」(長崎)と「カワハギ」(大分)は、刺身で食べる。交通網の発達で九州の魚も築地へ、新鮮なまま運ばれる。メジマグロは、食べるとカツオのような食感だ。やわらかくそれほど脂(あぶら)は感じない。マグロの幼魚といっても体調は40㎝程もあり、10~20㎏くらいがおいしいそうだ。大きさにより、メジマグロ→中房(ちゅうぼう)→クロマグロと呼ばれるそうだ。日本近海産で、10月から1月くらいが旬。

 カワハギは夏の魚だと思っていたら冬場、肝がおいしい。ここでは、肝を半透明な白身で巻き、ポン酢で食べる。歯ざわりがあり、フグを連想させてくれる。11月から2月頃、カワハギは肝臓にたっぷり脂を蓄えるそうだ。

Vfsh0412

 締めは、「ホウボウ」(銚子産)の握り。赤くてグロテスクな外観からは想像もつかないが、淡白な白身ながら脂もそこそこあっておいしい。《いさりび》では塩とすだちを絞って出してくれる。今宵もいい気分でご帰還である。

Vfsh0414

|

« レトロな川越・大正浪漫通り《シマノコーヒー大正館》 | トップページ | ご近所B級グルメ 浅草《博雅》下町の中華料理 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

たろべえさん 相変わらずうまそうな刺身ですね。でもこのいさりびさんのネタは新鮮で本当においしそうです。気になる所はお値段ですが。お寿司屋さんですものね。

投稿: 通りすがりの旅人 | 2008年12月 7日 (日) 13時15分

bottlebeer通りすがりさん
コメントありがとうございます。いさりびのサカナは、目利きの大将が築地で仕入れた新鮮なものばかりです。旬の魚です。ただ高級料理店ではないので、われわれが口にできる素材に限りはあります。

 予算的には居酒屋で飲むのと同じくらい、野口英世が3枚から5枚くらいです。驚くほど高くもありませんから。bottlebeer

投稿: もりたたろべえ | 2008年12月 7日 (日) 23時32分

たろべえさん 先日《いさりび》さんに行ってきました。うわさの大将にこのブログを見てきたことを話したら喜んでましたよ。さすがにおいしかったですよ。おすすめを大将が説明してくれますね。感じの良い店です。お寿司もていねいに握ってくれます。

投稿: 通りすがりの旅人 | 2008年12月28日 (日) 22時25分

bottlebottlebeerbeer
通りすがりさん

コメントありがとうございます。
先日、「いさりび」に行ったら大将が話してました。
「このブログをよく見ている人が来店」したとのこと。ありがとうございます。

 ネタの良さと大将の気持の良さが売りですね。
値段もそこそこで、居酒屋よりちょっぴり上ですが、浅草のほかの寿司屋さんに比べれば、良心的です。

投稿: もりたたろべえ | 2008年12月29日 (月) 08時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177442/43335043

この記事へのトラックバック一覧です: ご近所グルメ 浅草《いさりび》旬の魚でちょいと1杯:

« レトロな川越・大正浪漫通り《シマノコーヒー大正館》 | トップページ | ご近所B級グルメ 浅草《博雅》下町の中華料理 »