« ご近所グルメ 浅草《中華ダイニング いい田》 | トップページ | ご近所散歩 ちょいと浅草《羽子板市》に行ってきました »

ご近所グルメ 浅草《軍鶏家》あっさり塩味【軍鶏ラーメン】

 浅草は国際通りの「今半」の角を入る。テプコ浅草館の対面で、老舗どじょうVfsh0500_2 の「どぜう飯田屋」の隣に《軍鶏家(しゃもや)》はある。店の外に「軍鶏ラーメン」の“のぼり”が立っている。本来は軍鶏鍋や親子丼の専門店なのだが、軍鶏からいい「だし」がとれた場合の限定でランチタイムに【軍鶏ラーメン】を提供する。

 軍鶏(しゃも)ラーメンを食べる。(700円)澄んだスープは、実にあっさりした塩味である。具材は半熟タマゴ半身、チンゲン菜、メンマ、白髪ネギ、わけぎ、そして平たくのばした「つくね」が2枚。中細のタマゴ麺もコシがある。軍鶏からとった「だし」が効いている。この「つくね」がうまい。絶品である。

0495

 スープは程よい塩味だが、すっきりしすぎているかもしれない。ラーメンの表面にはとり油が浮くが、まったくしつこさがない。おそらく鍋で一杯やったあと、締めに食べるにはいいかもしれない。元気な若い人にはもの足りない味だろう。

 参考にランチタイムには、軍鶏の煮込み丼1,000円、親子丼800円、軍鶏キムチ胡麻つけめん900円と前述の軍鶏ラーメン700円がある。

 さて、この《軍鶏家》、埼玉県加須(かぞ)市に自家農園をもち、「タマシャモ」という品種を育てている。放し飼いで、鶏にストレスを与えない。「食の安全」のため、農薬の野菜や化学肥料の入ったエサは与えない。通常のブロイラーが生後70から80日程度で出荷されるのに対し、ここの軍鶏は約1年(300日以上)の日数をかけて飼育後、食用にするという。こだわりの店である。

Vfsh0496 Vfsh0497

■軍鶏家

■東京都台東区西浅草3-3-3

TEL03(3847)3203

■営業時間/11:3014:00 17:0022:00

(当面は年中無休)

※軍鶏ラーメンは、限定メニューのため、外に「軍鶏ラーメン」のノボリがあることを確認して、入店していただきたい。

Vfsh0498 Vfsh0499

|

« ご近所グルメ 浅草《中華ダイニング いい田》 | トップページ | ご近所散歩 ちょいと浅草《羽子板市》に行ってきました »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

たろべえさん、いつも楽しみに拝見しています。浅草の生きた情報や歴史の話はとても身になります。今後も頑張って書いて下さい。応援しています!!

投稿: げんさん | 2008年12月19日 (金) 22時56分

げんさん、コメントありがとうございます。

 「浅草」は、職場ですので機会があればどんどん取材したいと思っています。

それから「歴史」ですが、ライフワークにしているのが、江戸時代の旅文化、旅日記、道中記などの研究です。整理できましたら発表します。ご期待ください。

投稿: もりたたろべえ | 2008年12月22日 (月) 21時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177442/43456097

この記事へのトラックバック一覧です: ご近所グルメ 浅草《軍鶏家》あっさり塩味【軍鶏ラーメン】:

« ご近所グルメ 浅草《中華ダイニング いい田》 | トップページ | ご近所散歩 ちょいと浅草《羽子板市》に行ってきました »