« 【にっぽん旅の文化史】渡辺崋山《游相日記》を読む「その2」 | トップページ | 【にっぽん旅の文化史】渡辺崋山《游相日記》を読む「その3」 »

ご近所グルメ 浅草《ラーメン浅草ベスト3》

 浅草のラーメン行脚を続けている。そろそろ、二度目三度目の店もあるので、ここいらで「ベスト3」を決めたい。あくまでも個人的趣味嗜好であって、第三者の読者の方々に押し付けるつもりはない。

☆《あづま》のDXラーメン(800円) うまい醤油

豚バラと鶏ガラで丹念につくったスープ。化学調味料も入る。ここの特徴はなんといっても、1㎝四方のチャーシューの角切りがたっぷり入っていること。中細麺もしっかり醤油味のスープにからむ。メンマの味付けも気にいっている。DXはデラックスの意味である。普通のラーメン(650円)も美味。「純レバ(炒め)丼」という名物もあるが、餃子やチャーハンもうまい。

■東京都台東区浅草1-13-4(すしや通り) TEL:03(3841)2566

もりたたろべえ: ご近所グルメ 浅草《あづま》伝説のDXラーメン

Vfsh0202_2 Vfsh0606 Vfsh0203 Vfsh0205

☆《まるごと北海道浅草駒形橋店》の味噌ラーメン(700円) なつかしの味噌

 とにかくなつかしい伝統的手法の「味噌ラーメン」。麺は毎日、札幌から空輸される王道「西山ラーメン」のタマゴ縮れ麺だ。玉ねぎやもやしは、挽肉と一緒にさっと鍋で炒めて入れる。コーンも載る。甘みさえ感じる「味噌」である。

■東京都台東区雷門2-4-1 TEL:03(5827)0823

もりたたろべえ: ご近所グルメ浅草《札幌みそラーメン》絶対おすすめ!!

Vfsh0607 Vfsh0608

☆【閉店】《らーめん 一龍》の塩らーめん(700円) 新進気鋭の塩味

 最近、ここの店の味と「一生懸命」さに好感を持ち、通いつめている。黒いどんぶりの「塩らーめん」だ。絶妙のやわらかチャーシューもよい。ワカメもやさしい。すりゴマで一味違う。ランチタイムには、ごはん茶碗の小ライスもサービスで付くようになった。店内はイス席が6つという超狭いつくりだが、昼時には行列ができるようになった。いまイチオシの店。

■東京都台東区浅草2-25-12 TEL:03(3841)1149

もりたたろべえ: ご近所グルメ 浅草《一龍》新規開店

Vfsh0610 Vfsh0609

※残念ながら「一龍」は、平成21年4月、閉店してしまいました。

|

« 【にっぽん旅の文化史】渡辺崋山《游相日記》を読む「その2」 | トップページ | 【にっぽん旅の文化史】渡辺崋山《游相日記》を読む「その3」 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

みそラーメンおいしいですよね。塩もおいしいはずと思い、探しに行きましたがお店がありませんでしたweep

投稿: まつ | 2009年7月20日 (月) 19時54分

まつさんnoodle
「一龍」は、本文にもありますが、4月に閉店してしまいました。また「あづま」ですが、昼間は営業していません。

投稿: もりたたろべえ | 2009年7月21日 (火) 07時39分

北海道ラーメンの店も閉店しています。
あづましかありません。

投稿: もりたたろべえ | 2013年8月26日 (月) 08時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177442/43743027

この記事へのトラックバック一覧です: ご近所グルメ 浅草《ラーメン浅草ベスト3》:

« 【にっぽん旅の文化史】渡辺崋山《游相日記》を読む「その2」 | トップページ | 【にっぽん旅の文化史】渡辺崋山《游相日記》を読む「その3」 »