« 【にっぽん旅の文化史】渡辺崋山《游相日記》を読む「その4」② | トップページ | 特攻隊の町《知覧》へ »

《かごしま黒豚角煮弁当》食べました

 会社の旅行で鹿児島へ行ってきました。見所は数々ありますが、まずは「黒豚」をフュ-チャ-したお弁当の紹介。空港で売っている「空弁」である。久々においしい駅弁、いや空弁を食べた。P1200002_2

 《かごしま黒豚角煮弁当》は、文字通り豚の角煮が満載のお弁当だ。高級ブランドである「かごしま黒豚」を使用し、米は鹿児島産。しかも鹿児島の芋焼酎「さつま若潮」でじっくり煮込んであるそうだ。付合せには、干し大根のつぼ漬もつく。何はともかく角煮だが、やわらかくてジューシーで、いままで味わったことのないうまさだ。確かに鹿児島産のごはん(伊佐米)もおいしい。これで1,100円なら安いほどだ。

 ちょっと気になったのが、空港しか販売しないはずなのに。「温めて食べると一層おいしいです。」の表示だ。もちろんあたためた方がうまいだろうが、賞味期限の限られた弁当を、みやげにしろというつもりだろうか。もう少し配慮をすべきだ。

P1200005_2

           株式会社 萬來 ※鹿児島空港で発売

           鹿児島県志布志市志布志町安楽4623-5

           TEL:099-472-3835

|

« 【にっぽん旅の文化史】渡辺崋山《游相日記》を読む「その4」② | トップページ | 特攻隊の町《知覧》へ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

たろべえさん 鹿児島よかったですか 温泉はどうなんでしょうか??

投稿: 通りすがりの旅人 | 2009年1月27日 (火) 10時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177442/43833586

この記事へのトラックバック一覧です: 《かごしま黒豚角煮弁当》食べました:

« 【にっぽん旅の文化史】渡辺崋山《游相日記》を読む「その4」② | トップページ | 特攻隊の町《知覧》へ »