« ご近所グルメ 浅草《麺家ぶんすけ》塩ラーメン | トップページ | 《通りすがりの旅人》さんへ »

ご近所グルメ 浅草《龍圓》澄んだ上品なスープ・塩ラーメン

 浅草は国際通り、浅草ビューホテル手前の《中国小菜 龍圓(りゅうえん)》734 は、個性的な高級中国料理の名店である。夜は、一人6,000円以上、お任せで10,000円からのコースとなる。あわびやフカヒレ、トリフなどの高級素材の料理だ。ところが、ランチタイムには、すばらしい素材の麺類などを手頃なお値段で提供してくれる。

 なんといっても《龍圓》の自慢は、「上湯(シャンタン)」と呼ばれる澄んだスープである。極上の丸鶏(親鶏)、豚肉(金華ハム)に野菜を加えて、コトコトと長時間煮込む。塩と中国酒で味を調整する。あっさりしているが、コクがあり奥が深い上品なスープとなる。

この上湯スープが、そのまま味わえるのが「塩ラーメン」で、1日30食の限定だ。

0731

750円。まぎれもなく透き通ったスープは、旨みたっぷりのあっさり塩味。自家製麺の細麺は、タマゴを練り込み、小麦粉本来のしっかりした歯ごたえがある。おそらくかん水を最小限に抑えているのかもしれない。具は、乾燥ものを1週間かけてもどして、味付けをしたメンマ、焼き豚に刻んだ万能ネギだ。白ゴマも入る。これだけで、スープと麺と具材の三位(さんみ)一体のハーモーニーを奏(かな)でる。これはなかなか絶品である。

 「ランチタイム」には、ラーメン600円、メンマラーメン800円、チャーシューメン900円、辛口タンタンメン800円、チャーハン900円などの「麺飯類」を単品でも注文できる。しかしお店の方針でディナータイムには、麺飯類だけや点心との組合せでも頼むことはできない。何品かのコース料理の締めに麺類を食べることができる。要するにランチタイムは、お得なようだ。

732

■中国小菜 龍圓

■東京都台東区西浅草3-1-9(東武浅草駅から徒歩10分、つくばエキスプレス浅草駅すぐ)

TEL03(3844)2581

■営業時間/平日12:0014:00 17:3021:00 

日祭日12:0014:00 17:0020:30 月曜休み

|

« ご近所グルメ 浅草《麺家ぶんすけ》塩ラーメン | トップページ | 《通りすがりの旅人》さんへ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

noodlebottlebeer
管理人さん

浅草龍園の塩ラーメンは「ラーメン王・石神秀幸」さんが、ブログで絶賛していました。ラーメン屋さんではなく高級中国料理の店なのに、たろべえさんもよく知っていましたね。恐るべき取材力だと感服しました。上湯シャンタン・スープ、美味しそうです。かならず行ってみます。謝々。
noodlebottlebeer

投稿: 人類は麺類 | 2009年2月18日 (水) 22時51分

人類は麺類様

お久ぶりです。noodlenoodlebeer

ラーメン王の石神秀幸さんのブログみました。石神さんは龍園のオーナーと親しいんですね。「塩ラーメン」を締めにしているのですね。

 それにしても驚いたのは。ラーメン王なのに、ラーメン以外のフレンチやイタリアン、中華なんかもよく食べ歩いていて、「舌」・「味」というか「料理」についても研究されているのは立派です。
noodlenoodlebeer

投稿: もりたたろべえ | 2009年2月20日 (金) 00時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ご近所グルメ 浅草《麺家ぶんすけ》塩ラーメン | トップページ | 《通りすがりの旅人》さんへ »