« ご近所グルメ 浅草《麺家ぶんすけ》本日開店 | トップページ | 【にっぽん旅の文化史】渡辺崋山《游相日記》を読む「その6」② »

ご近所グルメ 浅草《ばんゆう 浅草》再び、三たび

 浅草にオープンしてもうすぐ1年、「岩のりラーメン」の《ばんゆう》に行く。と、いっても月に1度は食べたくなる「魚介系」スープのお店である。ここの店の定番は、岩のりでオープン当初980円だったが、いまは850円と食べやすくなった。

 この店は「醤油ラーメン」(当初750円→いま650円)も「塩ラーメン」(当初880円→700円)もうまい。自家製麺は細麺の平打ちで、つるっとした“のどごし”、モチモチっとした食感が特徴だ。もちろん、この店は、スープ(だし)へのこだわりが、最大の売りである。(世の中の経済状況にあわせて値下げしたのはうれしい)

 店頭の垂れ幕や店内の掲示によれば、スープは、豚骨・鶏ガラのほか、数々の魚介系で「だし」をとる。日高昆布、帆立貝柱、土佐の鰹節、瀬戸内海の小魚そして九州天草の秋刀魚(サンマ)干だ。これらが独特の甘みとコクを出す。実に丹念にスープをつくっているようだ。とくに《ばんゆう 浅草》のルーツ「尾道ラーメン」では、瀬戸内海産の小魚のワタを丁ねいに取り除き、苦味を抜いてから煮込む。それによって風味が増す。だからうまい。

 塩ラーメン(650円)は、澄んだスープだ。具材は、チャーシュー、メンマ、半熟タマゴ、海苔、コーンである。岩のりラーメンも、醤油ラーメンも、そこそこ、うまいが、このあっさりして奥が深い「塩ラーメン」がおすすめである。

■岩のりラーメン ばんゆう 浅草【再録】

■東京都台東区浅草1-37-5(浅草公会堂横、楽屋口近く)

TEL:03(6225)0128

■営業時間/11:0021:00(平日) 11:0020:00(土日祝)

※定休日:水曜日

(写真 塩ラーメンと醤油ラーメン)

※平成21年3月22日、移転のため閉店しました。残念。(移転先未定)

Vfsh0670 Vfsh0391

0390_2 

|

« ご近所グルメ 浅草《麺家ぶんすけ》本日開店 | トップページ | 【にっぽん旅の文化史】渡辺崋山《游相日記》を読む「その6」② »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177442/43945046

この記事へのトラックバック一覧です: ご近所グルメ 浅草《ばんゆう 浅草》再び、三たび:

« ご近所グルメ 浅草《麺家ぶんすけ》本日開店 | トップページ | 【にっぽん旅の文化史】渡辺崋山《游相日記》を読む「その6」② »