« 《絶滅食堂で逢いましょう》なぎら健壱著【書評】 | トップページ | ラッピング・トレインはNHK連続テレビ小説『つばさ』 »

ご近所グルメ 浅草〔浅草に行ったら《アンヂェラス》のお茶とケーキ〕

 浅草オレンジ通りにある《喫茶・欧風洋菓子 アンヂェラス》Angelusは、なか0859 なかの店である。終戦後の昭和21年(1946)創業で、店名は平和を願い「聖なる鐘の音」を意味する「アンヂェラス」と名付けたそうだ。当時、“浅草に行ったらアンヂェラスのお茶とケーキ”という、いまでいうキャッチコピーで宣伝し、川端康成、永井荷風、池波正太郎に、画家・山下清、東郷青児、そして漫画家・手塚治虫など多くの文豪や文化人も通ったという。

 店はヨーロッパの山小屋づくりの建物だ。壁も階段もウッディーな木造りで、やさしい。店内は1階が禁煙席、2階(3階)が喫煙席となっている。まるで昭和の隠れ家のような感じだが、落ち着く。

自慢の「ダッチ・コーヒー」(水出しアイスコーヒー)を注文。ウエイトレスのお姉さんが、金属のお盆を運んで来ると、氷の入ったグラスにささっとコーヒーを注ぐ。実に手慣れたものだ。きけば5時間かけて水で抽出したコーヒーだ。確かにコクと深みがある。それに水出しは、苦味が薄くなるそうだが、おいしかった。梅酒付きのダッチコーヒーもあるそうだから、次回にでも挑戦してみようと思う。

Vfsh0855 20860

「洋菓子」、ケーキ類もたくさん種類がある。あまり個人的には好まないので食べなかったが、店名と同じアンヂェラスという小さなケーキ(チョコレートとホワイトチョコ)が人気だそうだ。

           喫茶・欧風洋菓子 アンヂェラス

           東京都台東区浅草1-17-6(オレンジ通り、浅草駅徒歩4分)

           TEL:03(3841)9761

           営業時間/10:00~21:15(月曜定休、月曜が祝日の場合は木曜休み)

Vfsh0857 _edited

|

« 《絶滅食堂で逢いましょう》なぎら健壱著【書評】 | トップページ | ラッピング・トレインはNHK連続テレビ小説『つばさ』 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

オーッ(笑)最後アップのロールケーキはふわふわで美味そうですね♪水出し珈琲なら尚更旨いかもヾ(^▽^)ノ

投稿: いっくん | 2009年3月23日 (月) 17時06分

いっくん
cakecakecakecakecherrycherryapple
ケーキはまだしも、このアイスコーヒーは、うまいですよ。

投稿: もりたたろべえ | 2009年3月23日 (月) 23時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 《絶滅食堂で逢いましょう》なぎら健壱著【書評】 | トップページ | ラッピング・トレインはNHK連続テレビ小説『つばさ』 »