« 【下町グルメ】ハワイ料理《Café Luana》@向島でロコモコを | トップページ | ご近所グルメ 浅草《福ちゃん》レトロな焼きそば屋台 »

浅草《いさりび》で春の旬を味わう

 週に一度の小さな幸せは、浅草《いさりび》で旬のさかなをいただく。

    春子鯛(さくら鯛):千葉・銚子産

鯛は水温が上ってくる3月下旬から4月頃、産卵のため集まってくる。脂ののりも良く春が旬らしい。この小さめの「春子鯛」をお刺身でいただく。あっさりしているが、しっかりした鯛の味。塩焼きでもうまいという。

Vfsh0806

   

こはだ:熊本産

いつも通り、職人の下ごしらえが味を左右する。新鮮なネタと酢の締め加減が絶妙だ。こちらは握りでいただく。大好物に間違いない。

Vfsh0808

    〆さば:佐渡産

佐渡、日本海の冬のさばである。食べられている三浦半島のものとは違い、身が締まっているようだ。これも職人の仕込みと包丁さばきがものを言う。やはり握りに煮切り醤油でいただく。

Vfsh0810

    焼き牡蛎:有明産

そろそろ牡蛎の旬も終わるそうだ。岩手や宮城のものではなく、九州有明産の殻付きを焼いていただく。かぼすを絞り、醤油をたらして食べる。まだまだうまい。

Vfsh0807

|

« 【下町グルメ】ハワイ料理《Café Luana》@向島でロコモコを | トップページ | ご近所グルメ 浅草《福ちゃん》レトロな焼きそば屋台 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【下町グルメ】ハワイ料理《Café Luana》@向島でロコモコを | トップページ | ご近所グルメ 浅草《福ちゃん》レトロな焼きそば屋台 »