« 《ムール貝とフレンチ・フライ》添乗員のタマゴたち【その2】 | トップページ | 《隅田川》花見に行こう!! »

《愛のままで・・・》花岡優平さん、本人歌唱のCD発売

 浅草のレコード屋さんの前を通りかかったら、どこか聞き覚えのある曲が流れていた。《愛のままで・・・》を歌う花岡優平さんの声だ。店先のポスターを見て納得。

 大注目!! 大ヒット中!!秋元順子の「愛のままで」の男性バージョンです。

 男性キーなので声の低い女性も男性も唄えます。

Cd

 思わず店に飛び込み、このCDを買ってしまった。(KICM30199 KING RECORDS、2009.3.25発売)お店のお姉さんが親切で、音量を上げて店中に曲をかけてくれた。

もちろん作詞・作曲は、花岡優平さんだ。さらっと歌っているが、心にしみてくる。

 秋元順子の原曲は、Am(エーマイナー)だが、花岡優平さんは少し下げてE♭m(イーフラットマイナー)のキーだ。これなら最高音階でもEとかF♭なので、なんとか男性でも声を張り上げれば歌える。

 やはりこの曲は、サビの部分の歌詞がよい。

ああ この世に生まれ 巡り逢う奇跡

すべての偶然が あなたへとつづく

そう 生きてる限り ときめきをなげかけて

愛が愛のままで 終わるように・・・

 実際には、「愛は愛のままで」終わることはない。男と女の愛の終着駅は、ほんのささいな心のすれ違いで生まれる悲しみや憎しみの別れが多い。この歌は、花岡優平さんの実体験だそうだ。離婚を経験し、その後、好きになった人に捧げたという。もちろん歌詞だけでなく、切なくやさしいメロディーもハートに響く名曲である。

Cd_3 

|

« 《ムール貝とフレンチ・フライ》添乗員のタマゴたち【その2】 | トップページ | 《隅田川》花見に行こう!! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

安住さんとの横浜散策を見ました! オヤジギャグ連発でチョイと引きました(笑) 豚まんやフカヒレアイス?などなど美味そうでしたって曲の話?(^O^) 紅白って歌手にとってやはりステイタスですね ただお笑いのとか単なるタレントさんがCDを出して軽々と「紅白出場したい」と言ってる言葉を聞くと違和感なのはおやじな証拠かな? この方のように歌手として頑張ってる人を優先にと思ってしまうのです 売れたらいいさぁではねぇ〜

投稿: いっくん | 2009年4月 2日 (木) 15時43分

いっくん shinekaraokekaraokekaraokenotenotenotenotenotesnoteskaraoke]karaoke]karaoke[

 なんだか花岡優平さんの人柄が出ていますね。私よりは結構年上だと思いますが、やっぱり「おやじ」世代ですね。ところで「愛のままに・・・」の花岡さんバージョンには「カラオケ」も入っているので、目下、練習中です。それでも少しキーが高い感じです。
いつもコメントをいただき、感謝しています。
cherryblossomcherryblossomcherryblossomcherryblossomcherryblossom

投稿: もりたたろべえ | 2009年4月 2日 (木) 20時41分

はじめましてbleah
時々覗かせていただいてました、今回花岡さんの内容だったので思い切ってコメント書かせていただきます。
「音つばめ」のデビュー当時からのファンではやウン十年~note今回の再デビューでも声は変わりませんでした。奥さん(歌手の川神あいさん)との再婚話を知って聴くとまた趣きも違いますね、女性にはキーが合わないので聴くのみですkaraokeban
7月に秋元さんの新曲がnew「音つばめ」時代のカバーで「黄昏Love again」いう曲です、アレンジがタンゴ調という情報で待ち遠しいです。
ちなみに、浅草はお散歩&restaurantbeercafeでよく行きますpaper

投稿: MITSU. | 2009年5月26日 (火) 13時58分

MITSUさん はじめまして コメントありがとうございます。karaokekaraokenotes
花岡優平さんについては、このブログにも書きましたが、私もフォークをやっていたので、実に30年近く前、アマチュア時代にコンサートのゲストに出ていただいた頃と同じ、く甘い声ですね。
 それにしても詳しい裏話、ありがとうございました。なるほど、だから心のこもったよい曲なのですね。秋元さんの新曲(音つばめのリメーク)も楽しみです。notenotenote

投稿: もりたたろべえ | 2009年5月26日 (火) 22時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 《ムール貝とフレンチ・フライ》添乗員のタマゴたち【その2】 | トップページ | 《隅田川》花見に行こう!! »