« 《隅田川》花見に行こう!! | トップページ | ご近所散歩ちょいと浅草《隅田川》花見 夜桜見物 »

ご近所散歩 ちょいと浅草《花やしき》下町上等遊園地

 地下鉄(東京メトロ銀座線)の浅草駅には、《花やしき》のディープな宣伝電飾ポスターがある。キャッチフレーズがにくい。

Vfsh0895

Let’s Go !! HANAYASHIKI”と(時代遅れの英語で)呼びかける漫画チックなものである。遊び心満点で大好きだ。この絵の中心で「ゴオォォォ・・・」と劇画風にごう音を立てて動く「ローラーコースター」は、昭和28年(1953)初の国産、日本に現存する最古のジェットコースターだという。いまでも狭い敷地内や隣接するマンションや店舗の軒先をかすめて走っている。本当にゴォーと聞こえる。

 そしてこの遊園地のシンボルが、地上45mの「Beeタワー」だ。浅草でも遠くからよく見える。タテに赤い文字で“花 や し き”と書いて自己主張する塔である。(この塔も昭和25年にできたそうだから、60年近い)

《花やしき》はThe Oldest Amusement Park in JAPAN.(日本最古の遊園地)である。しかもSince 1853(1853年開業)だから、江戸時代末期の嘉永六年。なんとアメリカ海軍ペリー提督が黒船で浦賀に来訪して、日本に開国を迫った時代だ。もちろん江戸時代には、「遊園地」ではなく、江戸市民に四季の花々を見せる植物園(庭園)であったそうだ。風流な俳人や茶人たちにも愛されていた。江戸から明治にかけては、活き人形や曲芸などの見世物小屋をかけ、人気を博していたそうだ。その後、明治から大正期には、トラやライオンなどの動物園も開業した。紆余曲折があり、戦後、下町上等遊園地となり、経営母体は変わりながらも、営業を続けるまじめな遊園地である。

 ところで今なら、デパートの屋上で見かける「パンダカー」、つまりこどもに人気?のパンダの大きなぬいぐるみカーで、100円を入れるとゆっくり動く乗物だが、浅草の《花やしき》が発祥の地。でもなんで浅草にパンダなのだろうか。(パンダは上野?)〔※イラスト:浅草花やしきさん提供〕

Stickerpandacar2_2

|

« 《隅田川》花見に行こう!! | トップページ | ご近所散歩ちょいと浅草《隅田川》花見 夜桜見物 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

んーこればっかりはひとりぼっちには寂しいかな(渇笑) 興味深いですが!

投稿: いっくん | 2009年4月 6日 (月) 17時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 《隅田川》花見に行こう!! | トップページ | ご近所散歩ちょいと浅草《隅田川》花見 夜桜見物 »