« ご近所散歩 浅草《雷門 仲見世》連休前 | トップページ | 《すし屋の常識・非常識》書評 »

ご近所散歩 浅草《あさくさ夕景夜景》

 いつも通り過ぎる街、夕暮から夜の風景。ふっーと、ため息をついたり、ほっとしたり。しかしやさしい街の灯りが、そこにある。アーケードに飾られた提灯が、もうすぐ三社祭(さんじゃまつり)とささやく。

004

浅草のシンボル、雷門。夜でも人々がつどう。

10042

三社が近くなると飾られる。「浅草東」町会だろうか。伝法院東、メトロ通り、新仲見世商店会の提灯。

20082 

新仲見世アーケードの提灯。

30084

グリーン通り、公園通りの提灯。洋食のヨシカミや天ぷらの江戸っ子、喫茶ローヤル。

0087

下町の歴史を伝える「神谷バー」。電気ブランもよいが、建物事自体の存在感もたいしたものだ。

0086

老舗デパートの松屋。ここは歴史の浅草駅。

0049

浅草駅のクラシックなネオンサイン。東武鉄道ではなく、「東武電車」の表現が好きだ。

|

« ご近所散歩 浅草《雷門 仲見世》連休前 | トップページ | 《すし屋の常識・非常識》書評 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

見たことのある風景って感じですね しかもジックリ観てない(笑)なんか好いですね まさに若者達?には似合わない街って違うか(笑) 地元じゃないけどなんか落ち着く街です(^・^)

投稿: いっくん | 2009年4月29日 (水) 21時48分

いっくんhousebuildingpostoffice確かに「浅草」には、あまり若者は似合わないかもしれません。でもやっぱり下町は、時間がゆっくり流れているようで、心地良い街です。 

投稿: もりたたろべえ | 2009年4月30日 (木) 06時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ご近所散歩 浅草《雷門 仲見世》連休前 | トップページ | 《すし屋の常識・非常識》書評 »