« ご近所グルメ 浅草《豊龍》みそラーメンうまい!! | トップページ | ご近所グルメ 浅草《いさりび》ちょっと寄道・帰り道 »

ご近所グルメ 浅草《馬賊》究極の手打ち麺

 ほとんど浅草中のラーメンを制覇してしまった。もちろんこのブログに取り上げない店も多くある。あくまでも好みの問題なのである。中には食べてみておいしくなかった有名店もあり、ラーメン本には掲載されているのに、このブログでは紹介されていない店も存在する。

Vfsh1104_edited

 やはり浅草で、一番うまい麺は《馬賊(ばぞく)》に間違いない。このブログでも何度か取り上げたが、お客の目の前で麺職人さんが、命がけで打つ麺の店なのだ。確かに自家製麺や手打ち麺を銘打つラーメン店もある。しかし《馬賊》は、注文を受けてから小麦粉のかたまりから麺を打つ。バシーン、バシーンと劇画のような音が店内に響く。そのうち2本、4本、8本、16本、32本、64本、128本とみるみる細くなっていく。

 壁には店主の麺へのこだわりが書いて貼ってある。

 手打拉麺の由来

 古く千数百年前中國は厳寒の地山東省済南に麺を打つ最古の方法として発祥しました。最高級の小麦粉を水でねり一日夜冷しそれを打ち伸ばし更らにひねりを加え倍々に伸ばし独特の秘法で麺を作るのです。

なお中國では伸ばす事を拉「ラー」と言いそこから拉麺「ラーメン」として、日本に伝わりました。

「中國古書より」中國手打拉麺馬賊主人 敬白

 小麦粉を水で練った後、一昼夜寝かせる。さらに油をつけ、叩きつけたり、ひねったりする。粉をまぶして両手で大きく引っ張り、次第に細くなっていく。馬賊の職人さんにきけば、最低3年は修行しなければ、麺は打てないそうだ。これは、究極の「手打ち麺」である。いつも思うが、のどこし、モチモチ感、この麺こそ王道なのだ。

※担々麺800円

        馬賊 浅草本店

        東京都台東区雷門2-7-6

        TEL:03(3841)6002

Vfsh1106_edited Vfsh1107_edited

Vfsh1105_edited

|

« ご近所グルメ 浅草《豊龍》みそラーメンうまい!! | トップページ | ご近所グルメ 浅草《いさりび》ちょっと寄道・帰り道 »

浅草のラーメン」カテゴリの記事

コメント

でしたっけf(^_^)見逃してましたかなぁ(笑) 美味いですよ〜絶対的ヽ(´ー`)ノ 良いですね

投稿: いっくん | 2009年4月27日 (月) 19時03分

いっくん
馬賊の麺は、たぶん他(ほか)では食べられないものです。beernoodle

投稿: もりたたろべえ | 2009年4月28日 (火) 12時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ご近所グルメ 浅草《豊龍》みそラーメンうまい!! | トップページ | ご近所グルメ 浅草《いさりび》ちょっと寄道・帰り道 »