« 《PARCO》のディスプレー | トップページ | 続《PARCO》のディスプレー »

ご近所グルメ 浅草《いさりび》で6月(初旬)の旬を味わう

 6月である。旬でおいしいものを、浅草弁天山、小さなお寿司屋さん《いさりび》で。

Vfsh1272

  カツオ(千葉勝浦産)の刺身。脂(あぶら)が徐々にのってきた。旨みも十分。生姜しょう油で食べるが、高知の皿鉢料理のようにすったニンニクでもおいしい。

Vfsh1273 

  アジ(鳥取境港産)と青柳(千葉富津産)の刺身。アジはコリコリした歯ごたえでうまい。青柳は「バカガイ」ともいう。富津、木更津、船橋など東京湾で獲れたものは「江戸前」である。「青柳」は千葉県市原の地名だそうだ。

もちろん旬は春。殻から身をはずして、汚れをとり熱湯にくくらせ、氷水でしめる。その後、短時間で塩ゆでし、鮮やかなオレンジ色にかわるころ、取り出して流水で洗う。なるほど下ごしらえに手間がかかる。酢味噌で和えてもうまい。小柱のかき揚もごちそうだ。刺身はもちろんうまい。

Vfsh1274

やはり握りは小肌(コハダ、佐賀産)。シンコが出てくるまで、しばらく主役である。

|

« 《PARCO》のディスプレー | トップページ | 続《PARCO》のディスプレー »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

こうしていさりびさんのお話を聞くとお刺身が食べたくなります(笑) かつおはこちらではあまりお刺身では食べませんね〜たたきの方が多いですね 但し鮮度の関係か?生臭いので余り購入しません!すし屋にも無いかな?

投稿: いっくん | 2009年6月 3日 (水) 18時24分

いっくんbeer
場所によって魚の鮮度が違いますので、日本海側ではカツオはとれませんね。

 やっぱり《いさりび》さんでは旬を味わえるのが魅力です。

投稿: もりたたろべえ | 2009年6月 3日 (水) 22時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 《PARCO》のディスプレー | トップページ | 続《PARCO》のディスプレー »