« ご近所グルメ 浅草《ラーメン青木亭浅草》に初見参 | トップページ | ご近所グルメ 浅草《神谷バー》下町洋風居酒屋の「日替りランチ」 »

日本ではじめて食べた水戸黄門様の《水戸藩らーめん》

 日本ではじめてラーメンを食べたのは、水戸光圀(黄門様)であるといわれている。水戸(いまの茨城県水戸市)では、当時のレシピを再現して、《水戸藩らーめん》が食べられる。実は東京でも三鷹市にも、これを提供するお店がある。先日、用事で荻窪へ行く機会があり、寄ってみた。

Vfsh1330_edited_2

 三鷹市下連雀にある中国料理《杏苑(きょうえん)》である。JR中央線三鷹駅からは、徒歩20分ほど、住宅地にある。「水戸藩らーめん」の幟(のぼり)が遠くからでも目立つ。店内には、TBSテレビの『水戸黄門』の少し古いポスターが飾ってある。さっそく《水戸藩らーめん》を注文。800円。

Vfsh1329_edited

 店内のウンチクが目についた。

日本で初めてラーメンを食べたのは黄門さまです

水戸黄門さまこと徳川光圀公は「大日本史」編纂のために、中国から招いた儒学医者・朱舜水(しゅしゅんすい)から中国麺の教授を受け、小麦粉と藕粉(おうふん、おうふぇん)とあわせた異国の麺を作って食べていました。

 また。この麺を食べる時には『五辛(ごしん)』を添えています。

『五辛』は、にら、らっきょう、ねぎ、にんにく、はじかみの五種類で、五臓之気を発すると言われています。また、「陰陽五行」の儒教の哲学の影響で、肉には必ず兄弟分の椎茸を用いています。

 元禄10年(1697年)、西山荘を訪ねてきた日周、日乗というお坊さんや、家臣たちに中国麺をご馳走したという記録も残っています。光圀公は、当時では珍しかった牛乳や牛肉、豚肉などの料理も。誰よりも早く食べていたという好奇心の旺盛な方でした。

※貴重な文献を元に、光圀公が好んだ当時の中国麺を再現しました。

「薬膳・水戸藩らーめん」を是非、一度ご賞味下さい。水戸藩らーめん会

 Vfsh1326_edited 

特徴はなんといっても麺である。レンコンの粉を小麦粉に練り込んであるため、灰色の中太麺だ。具材もユニークだ。焼豚、椎茸、チンゲン菜、ほうれん草、ゆで卵、メンマ、クコの実、松の実、刻み長ネギ。鶏ガラや豚骨でダシをとったあっさりした塩味だ。

「和風らーめん」といった感じだ。麺もうまい。ちなみにレンコンの粉は、藕粉(おうふん、おうふぇん)と呼ぶ。

Vfsh1325 

Vfsh1327_edited

 もちろん薬味の五辛も付く。小さな梅の小皿に、刻みラッキョウ・すりニンニク・ニラ・すりショウガ(五つ目はスープの上に刻みネギ)だ。これらもスープに入れると風味があっておいしい。もちろん現代風にアレンジしたものだが、楽しいラーメンだ。

なお、《杏苑》さんは、水戸出身ではなく、テレビや映画の東映関係者からの発案で、話題づくりに「水戸藩らーめん」を始めたそうだ。もちろん、ほかの麺類や料理もおいしいと地元の方々に評判がよい店だ。

        中国料理 杏苑(きょうえん)

        東京都三鷹市下連雀7-9-4

        TEL:0422(45)1948

        水曜定休

|

« ご近所グルメ 浅草《ラーメン青木亭浅草》に初見参 | トップページ | ご近所グルメ 浅草《神谷バー》下町洋風居酒屋の「日替りランチ」 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

たろべえさん 日本で最初にラーメンを食べたのが水戸の御老公との事。古文書でも残っているでしょうか。検証して教えてくださいな。

投稿: 通りすがりの旅人 | 2009年6月10日 (水) 20時17分

通りすがりさんnoodleわかりました。実は、私も文献で調べてみたいと思っています。黄門様が江戸時代元禄の頃、食したものが「ラーメン」といえるのかどうかも疑問です。しかし、多くのラーメン本等で通説になっているのも事実です。noodle

投稿: もりたたろべえ | 2009年6月10日 (水) 22時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ご近所グルメ 浅草《ラーメン青木亭浅草》に初見参 | トップページ | ご近所グルメ 浅草《神谷バー》下町洋風居酒屋の「日替りランチ」 »