« 話題の《レモン牛乳》を飲みました | トップページ | 中高年のための 日光《戦場ガ原》ハイキング諸注意 »

中高年のための 日光《戦場ガ原》ハイキングのすすめ

 久々に日光《戦場ガ原》を実踏してみた。そういえば若い頃は、小学校や中学校の林間学校の添乗員として、数十回も歩いたコースだ。自分が中高年の域に入り、どんなものかと思ったが、湯滝から赤沼への4.6㎞を2時間半ほどかけて歩いたが、別に無理のないコースだ。

Vfsh0151_edited

戦場ガ原コース)

 湯滝レストハウス12:00発→(1.5㎞30分)小田代橋→(0.5㎞10分)泉門池〔いずみやどいけ〕12:40~13:10お弁当→青木橋→(2.4㎞50分)→道標〔左・赤沼、右・龍頭滝・小田代〕→0.2㎞10分)→赤沼14:10着

Vfsh0150

 湯滝を出てしばらく上りやアップダウンがあるが、一気に泉門池まで歩いた方が楽だ。昼食休憩は、30分ほど。できれば「おにぎり」がよい。後半は、ほとんど平坦なコースで、しかもこれぞ戦場ガ原といった景色のよい「自然研究路」なので、途中1、2回の休憩(3~5分程度)をとれば十分。分岐点の道標で、右に行くと石楠花橋〔しゃくなでばし〕があり、そのまま行けば龍頭の滝へ出られる。

 参考:道標→0.5㎞10分)石楠花橋→(1.2㎞25分)龍頭の滝

Vfsh0163

 トイレは、このコースの出発地・湯滝レストハウス駐車場と赤沼にしかない。歩き出す前に必ず、用を足しておこう。参考にあげた龍頭の滝終着コースは、車道を横断するので、あまり趣きがない。赤沼まで歩いて、バスに乗ってもよいし、車道を10分下れば、龍頭の滝も近い。

Vfsh0162

 整備された木道が設置されているが、足元はしっかり準備しよう。登山靴までは不要だが、トレッキング・シューズやスニーカーは必要。滑りやすい道もある。リュックで両手を開けておこう。

Vfsh0152 Vfsh0153

 今回、事前にお弁当を手配しておいた。東武日光駅の「東武商事アクセス日光売店」で受け取れる。(予約0288-54-1440)「栃木こしひかり米 日光名物 山椒入り おむすび道中」500円。おむすびが3個と唐揚げ、タマゴ焼き、ウインナー、たくあんなど。お米が意外においしかった。(おむすびは梅干・鮭・山椒)

        おむすび道中(おむすび500)

        調整元:株式会社 油源

        栃木県日光市上鉢石町1028 TEL:0288(54)1627

|

« 話題の《レモン牛乳》を飲みました | トップページ | 中高年のための 日光《戦場ガ原》ハイキング諸注意 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

戦場ガ原 なつかしいです。小学校の林間学校は日光でした。それにしても天気も良く気持良さそうですね。行きたくなります。

投稿: 通りすがりの旅人 | 2009年7月18日 (土) 16時52分

ありがとうございます。コメントありがとうございました。ぜひ、ハイキングに挑戦してください。

投稿: もりたたろべえ | 2009年7月18日 (土) 23時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 話題の《レモン牛乳》を飲みました | トップページ | 中高年のための 日光《戦場ガ原》ハイキング諸注意 »