« 防災訓練で非常用保存食《アルファ米》を食べた | トップページ | ご近所グルメ 浅草《いさりび》の光物丼 »

ご近所グルメ 浅草《手打ちうどん家康》これが噂の名店?

 東京は台東区入谷の人気店《手打ちうどん家康》の浅草店が、平成21年6月にオープンした。もうそろそろ落ち着いた頃合なので、食べに行ってみた。

Vfsh0319

 入谷の本店は、テレビでも紹介された。“究極のうどん”らしい。しかし行ってみてがっかりした。「ざるうどん」を注文。確かに釜揚げの正統派で、6分待った。中太の麺は腰がありなめらかでうまい。だが、水切りが甘いのか水分が多く、「つるつるシコシコ」感は、あまり感じられない。たぶん食べた日が、雨の日で湿気が多かったせいなのか、たまたま不出来の日だったのか。つけ汁は、カツオだしと隠し味の昆布もきいて、しっかりしたしょう油味でうまかった。期待しすぎたせいなのか、最高のうどんではなかった。

Vfsh0320

 昼の11時半過ぎに行ったせいか、ほかには誰も客がいなかった。しかし私は一人でも客である。そんなことはおかまいなしに、店長が従業員と大きな声でおしゃべりをする始末。残念ながら「お客を迎える」態度ではない。看板にあぐらをかいていては、いずれ客足は遠のいていくだろう。それからうどんにしては、高い。「ざる」が950円である。たとえ材料の小麦粉や水にこだわり、コストがかかっていても、「うどん」はやはりうどんである。割高感は否めない。

 メニューに能書きがあった。“0.5人前から1.5人前まで、お一人で召し上がる場合のみ同料金です。家康うどんは一人前300グラム、普通のお店の約1.5倍以上です。お腹いっぱい召し上がっていただくのが浅草っ子の願いです。”

 確かに量は多い。しかも大盛でも同じ料金なのはよい。それなら普通盛を650円とか750円に設定すべきではないか。

 世間では《手打ちうどん家康》の人気メニューは、「家康うどん」(牛肉、とり肉、豚肉、なめこ、野菜入りの温かいうどん)1,100円らしい。次回は挑戦してみたい。

Vfsh0316

        手打ちうどん家康

        (浅草店)東京都台東区浅草1-16-10(オレンジ通り)

        TEL:03(5828)0930

        営業時間/11:30~15:00 17:30~20:00(水曜定休)

|

« 防災訓練で非常用保存食《アルファ米》を食べた | トップページ | ご近所グルメ 浅草《いさりび》の光物丼 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

たろべえさん 確かにこの店のうどんは高いですね。勿論高くても内容が伴っていれば納得できますが。それから接客にも問題有りですね。

投稿: 通りすがりのうどん | 2009年9月 4日 (金) 08時19分

何か最初から悪意が感じられるよね、美味しいなら、美味しいでいいんじゃない、値段とか他のこと関係ないでしょ。嫌なら行かなきゃいいじゃん。

投稿: うどんマニア | 2009年9月 4日 (金) 18時32分

悪意はありません。もし評価に値しない店ならこのブログには書きません。期待しているからこそ、自分で感じた点を指摘するのです。

 もちろん「おいしか、まずいか」が基本です。しかし、ここを改善していただければ、もっとよくなるといった発想です。ご理解ください。

投稿: もりたたろべえ | 2009年9月 4日 (金) 22時42分

きのう、障害者と訪問したら入店拒否されました。だめです、この浅草店の店主の態度は

投稿: | 2013年1月 4日 (金) 22時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 防災訓練で非常用保存食《アルファ米》を食べた | トップページ | ご近所グルメ 浅草《いさりび》の光物丼 »